ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

“ジャンボイズム”継承 原英莉花の優勝ギア

2020/10/05 16:50


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日(4日)◇ザ・クラシックGC(福岡)◇6761yd(パー72)

21歳の原英莉花が、歴代最長のコースを攻略して国内メジャー女王に輝いた。単独トップから「68」で回り、小祝さくらにスタート前の4打差を詰めさせることなく、通算16アンダー。師匠の尾崎将司のお墨付きで、大会前に自慢の飛距離を最大限に生かせるクラブセッティングに見直していた。

<< 下に続く >>

アイアン変更のきっかけはオープンウィークの2週間前にジャンボ邸を訪れ、オリジナルのシャフトをもらったこと。「そのシャフトに一番合うヘッド」が今大会投入したミズノJPX921ホットメタルだった。練習ラウンドで「10球連続でイメージ通りの打球が出たから」と投入を決め、「5Iが(以前の)175ydから180ydに変わった」と飛距離がアップした。

これが奏功し、クラブ全体の好影響につながった。普段入れている4Wと5UTを抜きミズノ ST200 フェアウェイウッドの3番(15度)と5番(17度)を投入した。「アイアンが5ydアップしたことで、5番UTを抜くことができた」。各番手の距離を考えて14本を構成するが、今オフに105ydを想定して48度のウェッジを投入。昨季より1本増やし、ウェッジを3本態勢にしたため、ウッド系の本数は減らしていた。

ショートゲームのレベルを向上させつつ「パー5を攻められるセッティングにしたいと思っていた。アイアンの距離が上がってくれたことで、UTを抜いてウッドを入れられた。攻められるセッティングになったのが大きかった」。4つあるパー5で果敢にセカンドで3Wを振るなどナショナルオープン制覇への重要なピースになった。

<最終日の使用ギア>
ドライバー:ミズノプロ モデル-E ドライバー(8.5度)
シャフト:三菱ケミカル テンセイ CK 50(46.5インチ)
フェアウェイウッド:ミズノ ST200 フェアウェイウッド(3番15度、5番17度)
ユーティリティ:キャロウェイ マーベリック ユーティリティ(4番20度)
アイアン:ミズノ JPX921ホットメタル(5番~PW)
ウェッジ:ミズノ オリジナル(48度、52度、58度)
パター:オデッセイ トゥーロン パター サンディエゴ
ボール:ブリヂストン ツアーB X ボール

おすすめ記事通知を受け取る
ミズノ
発売日:2020/10/09 参考価格: 99,000円

関連リンク

2020年 日本女子オープンゴルフ選手権




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!