ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

芹澤信雄が藤田寛之に教えた“稼げるスウィング”とは?

「週刊ゴルフダイジェスト」(3月19日号)より

43歳にして初の賞金王に輝き、中年の星といわれる藤田寛之。スポーツ選手としては体格もさほど大きくなく、飛距離が出るわけでもないのに、40歳をすぎて頂点に立てたのは、師匠・芹澤信雄の教えがあったからこそ。芹澤は、藤田にどんな教えを授けたのだろうか。週刊GDの特集から、「TEAM芹澤」の基本ともいうべき教えを紹介しよう。

「僕は若いころから飛ぶほうじゃなかったので、稼いでいる人がどういう球を打っているのかすごく研究してました。その答えがフェード。低くてラインの出るフェードは稼げる。これはもう絶対にそう」と芹澤。

<< 下に続く >>

「1番のポイントは緊張したときに曲がらないこと。これがフェードの強みです」

芹澤が教えるのは本番に強い“稼げるスィング”だ。

16年前、弟子入りしてきた藤田寛之にいったのも「稼ぎたいならフェードを打て」だった。

いまやフェードは藤田の代名詞だが、当時はジャンボ尾崎全盛の時代とあって、藤田も左サイドを止めてインサイドアウトでアッパーに振り抜き、ドローを打っていたという。

「フックは体の一部(腰の動きなど)を止めて打つから、飛ぶけどタイミングがズレるとチーピンになる。プリっと曲げたら恐くて次から打てなくなっちゃうんですよ。でもフェードはスウィング中、体の回転が止まらないから、緊張してもミスがでにくいんです」

藤田を賞金王に導いたのは、重圧がかかっても曲がらない芹澤直伝のパワーフェードだったというわけだ。

この教えは「TEAM芹澤」の中で常に徹底している。かつて研修生とのラウンドでチーピンを打った者に対して「あんなに言ったのに、緊張感がなさすぎる」と、その場から帰してしまったという逸話も。

4月には2度目のマスターズに挑む藤田。芹澤の教えを胸に、最高の舞台でどんなパフォーマンスを見せるか、期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!