ニュース

米国男子WGCキャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGCキャデラック選手権
期間:03/06〜03/09 トランプナショナルドラール(フロリダ州)

ラッセル・ヘンリーがプレーオフを制しPGA通算2勝目

2014/03/03 17:59

By Staff, PGATOUR.COM

「ザ・ホンダクラシック」最終日、ラッセル・ヘンリーが後半9ホールの混戦と4人でのプレーオフを制し、PGAツアー通算2勝目を挙げた。

ヘンリーはPGAナショナルのプレーオフ最初のホールで2パットのバーディを奪い、ロリー・マキロイライアン・パーマーラッセル・ノックスを下した。

昨シーズン、PGAツアーメンバーとしての迎えた初戦「ソニーオープンinハワイ」でいきなり初優勝を飾ったヘンリー。それから33試合目で2勝目を飾った。

PGAナショナルで大勢のギャラリーを前にプレーするのは「楽しくてたまらない」と、ヘンリー。彼は「それこそがプレーのモチベーションになっている。今回の勝利を実感するには、時間がかかるだろうね」とも話している。

最終18番ホール(パー5)で始まったプレーオフでは第2打で勝者が決まると思われていたが、実際その通りになった。

ノックスはフェアウェイバンカーからのレイアップショットをグリーンに乗せ、ピンから約12.2メートルに寄せた。パーマーのボールはグリーンの左側に逸れ、最後にプレーしたマキロイはグリーン奥のバンカーに入れてしまった。

ノックスの第3打は約7.6メートルでバーディを奪えず。パーマーは約3.7メートル以内に寄せたが、沈めることはできなかった。マキロイのバンカーショットはグリーンを越え、チップショットも失敗。一方、ヘンリーのイーグルパットはピンから約91センチメートルに寄せ、これを決めたところで優勝が決まった。

上位集団はこの日の後半9ホールでのショットに失敗するなど、数多くのトラブルに見舞われた。2打差の首位で最終日を迎え、この日は3打差とする場面もあったマキロイも例外ではなかった。彼は12番でボギーを叩き、16番では池に入れてダブルボギーに。続く17番でもボギーと後退した。

マキロイはさらに最終18番(パー5)の第2打で245ヤードから飛ばし、約4.6メートルまで寄せるのに成功。イーグルパットで勝負がつくはずだったが、ボールはカップのふちをなぞり、「74」のバーディで終えた。

パーマーは18番でボギーを叩き「69」。「71」のノックスや「72」で回ったヘンリーと同じく通算8アンダーでフィニッシュした。

18番でヘンリーがチップインバーディに失敗すると、勝敗の行方はマキロイにゆだねられた。だが彼もまた、イーグルパットを沈めることができなかった。

「プレーオフに進めただけでもラッキーだったよ」と、マキロイ。「勝つのに十分なプレーができていなかったからね」

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 WGCキャデラック選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~