ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ファーマーズインシュランスオープン
期間:01/24〜01/27 トリーパインズGC サウス&ノースコース(カリフォルニア州)

小平智は北コースで痛恨の出遅れ 9ホールは“ぶっつけ本番”

2019/01/25 11:59


◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン 初日(24日)◇トリーパインズGC (カリフォルニア州)◇サウスコース(7698yd、パー72)、ノースコース(7258yd、パー72)

イーブンパー98位タイ。出遅れの予感は、その数字以上にある。予選ラウンドで全選手が2コースを回る大会で、小平智がこの日1イーグル3バーディ、5ボギー「72」で回ったのは平均スコア「69.397」(第1ラウンド)のノースコース。2日目は同「71.628」の難関サウスコースが待ち構える。

出だし1番でタップインでのバーディを決め、幸先の良いスタートを呼び込んだ第2打は「ミスショット」だったという。「右にキックしてくれて(ピンに)寄ってくれた」。続く2番で1mのパーパットを外したのをきっかけに3連続ボギーを喫し、慌ただしい序盤になった。

PGAツアー本格参戦の2年目だが、今大会も初めて経験する。ノースコースのアウト9ホールは「時間がなくて」練習ラウンドができなかった。まさに“ぶっつけ本番”になったフロントナインだったが、左ドッグレッグの5番(パー5)では3Wで残り270ydの第2打をグリーンに乗せ、8mのスライスラインを沈めてイーグルを決めた。「あきらめかけそうな時に良いのが入ってくれたりする。そこは持ちこたえられた。良い薬になった」と胸をなでおろした。

松山英樹、昨年の米ツアー初優勝を飾った際にプレーオフでぶつかったキム・シウー(韓国)とのラウンドは、前の組が詰まってホールアウトまでに5時間15分かかったが、和やかムードが漂った。太平洋からの風も穏やかだった。「練習の時はすごい風が吹いていたので、難しさは練習ラウンドよりも感じなかった」というだけに、イーブンパー発進には不満も残る。「長いホールでバーディチャンスにつかないので難しい。グリーンは傾斜が多いのでロングパットなんかは難しい。結構ボコボコしていましたね」

今年に入ってまだ好成績がないとはいえ、「ショットの調子がいいのでガンガン攻めていきたい」とひるむ様子はない。「こういう方式(2コースでの予選ラウンド)で、違うコースでやるのも初めてなので、そこも楽しみながらやりたいと思う」と新鮮な気持ちを保って挽回を期す。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。