ニュース

米国男子ザ・CJカップ@ナインブリッジの最新ゴルフニュースをお届け

キャディの「横に出しますか?」で発奮?松山英樹が最終ホールで圧巻パーセーブ

2018/10/19 17:22


◇米国男子◇ザ・CJカップ@ナインブリッジ 2日日(19日)◇ナインブリッジ(韓国)◇7196yd(パー72)

この日は2つスコアを落としたが、終盤の粘りのプレーにホールアウト後の松山英樹の表情はあかるかった。通算1オーバーは首位と10打差の44位。それでも、3日目にビックスコアを出せば、まだ上位争いに絡んでいける。「きょうくらいの風なら、6、7アンダー出す人がいる。自分もそういうプレーができるように頑張りたい」と前を向いた。

<< 下に続く >>

ポジティブになれる素晴らしいフィニッシュだった。最終9番(パー5)のティショットは左バンカーふちのラフ。左足上りのライから打った2打目は、右サイドのカート道脇まで飛んでしまう。前方には約2m間隔で木が立ち並び、そこを抜くのは厳しそうな状況だった。

そう思ったのは、早藤将太キャディも同じだった。だが、「『横に出しますか?』って聞いたら無視されたので、『え、行くんですか?』ってなった…」と驚いた顔で振り返る。

一方の松山は、「横に出そうかなと思ったけど、(前に)行けるかなと思って見ていたら、『それ行くんですか?』って聞かれて、行ってやろうと思いました」とにやりと笑う。とはいえ、東北福祉大の2年下で、ツアープロを目指してQT受験中の後輩にあおられたわけではない。

「フェアウェイとかベアグランドならほぼほぼ通せる自信はありました。ラフだったので少しその不安はあったけど、きょうはスコアを打っているし、パーを獲らないと週末にチャンスが残らないような気がした」と、5Iを引き抜くと、低い弾道で狭い木の間を通してグリーン横のバンカーまで運び、そこから50センチにピタリと寄せてパーセーブ。同組で回ったジェイソン・デイ(オーストラリア)も感嘆するプレーでこの日の18ホールを締めくくった。

前半は13番から3連続3パット(14番のファーストパットはグリーンエッジから)で停滞した。朝の練習場からショット、パットともに感触が悪く、「そういうミスが出ないようにと思ってやっていたけど、13番から出てしまった」と悔しがった。だが、後半6番で5m、続く7番で3mのバーディパットを沈めて、復調のきっかけはラウンド終盤に手に入れた。

「立て直すのにすごくホールが掛かってしまった」と悔やんだが、終盤の圧巻のプレーは、きっと週末の勢いを運んでくれるに違いない。(韓国・済州島/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ザ・CJカップ@ナインブリッジ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!