ニュース

米国男子ザ・CJカップ@ナインブリッジの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は強風に負けず 新シーズン初ラウンド「良かったと思う」

2018/10/18 17:49


◇米国男子◇ザ・CJカップ@ナインブリッジ 初日(18日)◇ナインブリッジ(韓国)◇7196yd(パー72)

風と石と女性が多く、“三多島”という愛称を持つ済州島に、この日もやっぱり風が吹いた。出場78選手中、アンダーパーをマークしたのはわずか18人という難コンディション。新シーズン初戦の初ラウンドとなった松山英樹は、1アンダー11位と上々の滑り出しに「良かったと思う」とうなずいた。

4番でバーディを先行させた後、3Wで2オンを狙った9番(パー5)の2打目は右に出たが、風の助けを借りてグリーン手前のフェアウェイに戻ってきた。3打目地点に歩いてきた松山は、手前のラフに落ちたと思って探していたが、その先のフェアウェイに自身の球を見つけて驚いたような顔を見せた。

「手応え的にはかなりなミスショットがフェアウェイに行ってくれたり、そういうのが多かったので、きょうは助かった」という。それでも、ほとんどのショットでフィニッシュが決まり、フェアウェイキープ率は71.43%をマーク。突風が吹いた1日を考えれば、安定したショットが続いたと言える。

一時は3アンダーまで伸ばして首位に立ったが、15番、18番と終盤のボギーで後退。最終18番は、3打目が強風に戻されてグリーン手前のバンカーに落ちた。アゴ近くの難しいライから4mに寄せたが、このパットはカップをなめてボギーとした。

「これだけ風が吹いて簡単なことはない。みんな苦しんでいると思うけど、その中では良い方のプレーができたんじゃないかな」という。1Wショットとパッティングは「悪くはなかった。このまま続けていければ」と、まずは初日をクリアして安堵(あんど)した。(韓国・済州島/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ザ・CJカップ@ナインブリッジ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。