ニュース

米国男子フォートワース招待の最新ゴルフニュースをお届け

ウッズ、スコットらをサポート 名キャディの行方は?

◇米国男子◇フォートワース招待 2日目(25日)◇コロニアルCC(テキサス州)◇7209yd(パー70)

スティーブ・ウィリアムス氏といえば、ゴルフ界では選手をしのぐほどの知名度がある名キャディだ。タイガー・ウッズと長らくコンビを組み、アダム・スコット(オーストラリア)の2013年「マスターズ」制覇をアシスト。現在54歳で、すでに“セミリタイヤ”しているというが、テキサス州で行われた2連戦では突然、アーロン・バデリー(オーストラリア)のバッグを担ぎ、周囲をざわつかせた。

<< 下に続く >>

ニュージーランド人のウィリアムス氏は昨年、オーストラリアのメディアで2018年をプロキャディとして最後のシーズンとする意思を明かした。最近ではダニエル・カンら女子選手のキャディを務めた試合もあったが、前週の「AT&Tバイロン・ネルソン」、今週の「フォートワース招待」では、古くからの友人でもあるバデリーをサポートした。

バデリーは2016年に5年ぶりの優勝を飾ってから、再び低迷。昨季のフェデックスカップポイントランキングは138位。ジョン・リマンティ氏をキャディに据えて3年目の今季も現在120位と苦しんでいる。そこで2人は「40年にわたって偉大な選手たちのキャディを務め、たくさんの試合に勝った彼にチームメイトとして助けてもらおう」と相談。2週間限定でのスポット起用となった。

「どんなことが起こるかとても期待している」としていたバデリーだが、残念ながら2試合とも予選落ち。ウィリアムス氏の今後も未定となっているが、ヒントはつかめただろうか。(テキサス州フォートワース/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 フォートワース招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!