ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

宮里優作はグリーンで乱調 ハーフで3パット4回

2018/03/02 11:53


◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 初日(1日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7330yd(パー71)

大会初出場の宮里優作はグリーン上で苦しみ大きく出遅れた。1バーディ、5ボギー1ダブルボギー「77」。前半アウトの4つのボギーはすべて3パットという乱調ぶりで、6オーバー61位といきなり巻き返しを求められた。

2番で10mのバーディパットを1.5mオーバーさせた宮里は、返しを外してボギーが先行。5番では4m強のチャンスから再び3パットを喫した。最難関の7番(パー3)ではティショットをグリーン右手前の池に入れてダブルボギー。パー35のアウトで「41」をたたいた。

「自分では弱く打っているつもりが、ちょっとタッチが強かった。どうしようもなかった。(カップ)横からは切れないのは分かっていたが、前後のタッチが本当に合わなかった」と唇をかんだ。

後半こそイーブンで回ったが、反省は尽きない。両サイドに背の高い木がそびえ、コースが限定されるティショットには好感触を得ただけに口惜しさは倍増。予選落ちのない4日間大会。「“消化試合”にならないように頑張ります」とホールアウト後はすぐにパターを握りなおした。(メキシコ・メキシコシティ/桂川洋一)

関連リンク

2018年 WGCメキシコ選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~