ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

「優勝争いもできる」片岡大育は連続バーディ締め

2018/01/13 16:48


◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 2日目(12日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

首位と2打差の7位で出た片岡大育は4バーディ、2ボギーの「68」で回り通算7アンダーの12位で決勝ラウンドに進出した。トップとの差は6ストロークにひらいたが、日本人5人が出場し最上位。「ビッグスコアを出せれば、まだ優勝争いもできると思う」とうなずいた。

粘りのゴルフが実を結んだ。インから出ると序盤はピンチを切り抜ける展開。スタートホールの10番では奥のラフからの寄せが2mオーバーもパー。グリーン左手前のラフに入れた14番は、ロブショットで左手前に切られたピンから3mにつける小技をみせた。「ボギーで諦めていた。ダボにならないように気をつけて3打目を打った」と冷静に振り返った。

グリーンの傾斜が激しい17番(パー3)では3UTでピン左に絡めて初バーディを奪った。スタジアム型のホールで歓声を受け「向かい風だったので、大きめの番手でしっかり打った。難しいホールなので、このバーディは大きかった」と右手を上げた。

後半は2ボギーを喫するなど出入りの激しい内容になったが、8番ではピン下から緩やかなフックラインをカップ左から落としてバーディ。続く最終9番(パー5)はフェアウェイからの174ydを7Iで3.6mにつけて2オンし、連続バーディ締め。「ティショットから2打目はほぼ完ぺきに近かった。イーグルパットが入るイメージだったですけど」とおどけて悔しがった。

多くの選手が苦戦するバミューダ芝のグリーンにも「タッチも良いし、ラインも読めている。自信があるわけではないけど、自信を持って打つしかないから」とあっけらかんと言い切る。「ここまで良いプレーが出来ている。チャンスがあるので、ガンガン攻めて上位にいきたい」と宣言した。(ハワイ州ホノルル/林洋平)

関連リンク

2018年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~