ニュース

米国男子BMW選手権の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は4年連続最終戦出場 ポイントランクは7位に後退

2017/09/18 08:06


◇米国男子プレーオフ第3戦◇BMW選手権 最終日(17日)◇コンウェイファームズGC(イリノイ州)◇7208yd(パー71)

午後0時半過ぎにホールアウトした松山英樹は、周囲を見渡して思わず言った。「早いですね…。まだ(最終組が)スタートもしていないのに」。上位争いとは遠いポジションでプレーした週末2日間。最終ラウンドは「69」とアンダーパーでまとめながら、通算5アンダーは47位タイと低調。フェデックスカップポイントランキングを7位に下げて次週のシーズン最終戦「ツアー選手権」(ジョージア州イーストレイクGC)に向かった。

日曜日の2サムでのプレーは、同伴競技者に引き離される展開になった。6月の「全米オープン」を制したブルックス・ケプカは序盤からバーディを重ねて「63」をマーク。一方の松山はティショットからリズムが作れない。

1Wを握った11ホールのうち、フェアウェイを捕えたのは3ホールだけ。「最近ラフから(2打目を)よく打っているんですけど…やっぱり良いスイングをしていないと、ラフからは難しい」と、チャンスをなかなか作れない現状を説明した。

スイングの不振はスコアメーク術にも影響した。352ydと短い7番、1Wでティショットした3日間とは異なり、この日はUTを選択。「(1Wショットが)ブルックスよりも30ydくらい飛んでいなかったので、彼があそこ(グリーン手前ラフ)なら、全然届かないと思って」。フェアウェイにしっかり刻んだものの、ボールが止まったのはディボットの中。「最高の“おみやげ”ですね…」とツキもない。

8番(パー5)でようやく決めた最初のバーディも起爆剤にならず、後半14番(パー5)では3Wでの2打目を左サイドの茂みに突っ込み、アンプレヤブルを宣言するなど、大荒れでダブルボギーをたたいた。

前日3日目はラウンド後に練習を行わず、午後の自由時間を静養に充てた。昼食、仮眠をとってから向かったのは宿舎にあったビリヤード台。気分転換をするつもりが、「(ゴルフの不調を)忘れるためにやってるんですけど、(ビリヤードでも)入んないからイライラするんですよね…」と、生真面目さが逆に恨めしい。

ツアーは次週いよいよシーズン最終戦を迎える。ポイントランキング上位30位までの選手が出場するエリート大会を前に、松山のランクは4位から7位に後退した。上位5位をキープできなかったため、年間王者のタイトルおよび1000万ドル(約11億円)のボーナス獲得は、優勝しても他選手の動向に左右されることになった。「うまく調整してきたつもりだったのが、全然うまくいかなかった。また何をしたらいいか分からなくなってしまった。(次戦まで)3日間しかないですけど、良い準備ができれば」。急ピッチでの修正作業は4年連続の出場となるアトランタで。笑顔でシーズンを締めくくりたい。(イリノイ州レイクフォレスト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 BMW選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!