ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全米プロゴルフ選手権
期間:07/28〜07/31 場所:バルタスロールGC(ニュージャージー州)

「犯人は俺じゃない」―“実況見分”を生かした谷原秀人の13位浮上

今季の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」に出場した日本勢全員が予選通過を果たしたが、3選手中ベストのスコアだったのは谷原秀人の「66」(パー70)。松山英樹池田勇太の「67」を1ストローク上回って、通算3アンダーの13位へと浮上した。

「ショット自体は変わらず良いので、このグリーンをどう克服するか」。そう意気込む谷原は、スタートホールの1番でボギーの後は、危なげなく5つのバーディを積み上げた。

<< 下に続く >>

ヒントは初日終了後のパッティンググリーンで見つかった。「どう考えても真っ直ぐなラインなのに、スライスやフックをする。それで、芝をポンポンと平らにすると真っ直ぐ転がる。その時点で、俺が犯人じゃねえなと思った――」。

今週の舞台、バルタスロールGCのグリーンには、ベント芝に芽の強いポアナ芝が混じっている。グリーン上を転がる球は、ポコポコと跳ねて時に右へ、時に左へと蹴られていく。「だから、狙ったところに打って外れる分には自分のせいじゃないって決めつけた。それがグリーンで楽にやれたところだと思う」。4番、5番と序盤に続けて3mほどのバーディパットが決まったのも、流れに乗れた要因だ。

最終18番(パー5)では、グリーン右の崖下にあるバンカーから、ピンそば1.5mにつけてバーディフィニッシュ。「朝、アプリで見ていて、ガルシアが同じところからOKに寄せていた。だから、意外に大丈夫なんだろうと思ってピンに打った」と笑って明かした。

この日のスタートは最終組の1組前。悪天候でスタートが遅れたものの、日没前に回りきることができた。「それが一番。(今年の)全米オープンみたいに毎日4時起きじゃきついんでね」。明日のスタートは午後1時5分。上位進出でたっぷりの睡眠時間も確保した。(ニュージャージー州スプリングフィールド/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!