ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 オークモントCC(ペンシルベニア州)

松山英樹と連日の練習ラウンド 谷原秀人は“早入り”で入念な準備

5月に行われた日本地区の最終予選会を突破して、今回の「全米オープン」出場権を手にしたのは、国内ツアーでは主役級の4選手だ。その中でも谷原秀人は、池田勇太谷口徹宮里優作に先んじて米国入りし、鼻息荒くコースチェックを進めている。

2週前の「日本ツアー選手権 森ビル杯」を惜敗の3位で終え、谷原はオープンウィークとなった前週9日(木)に早々に米国に乗り込んだ。全米オープンは初出場。オークモントCCでは10日(金)から練習ラウンドをこなし、13日(月)までに45ホールを回った。「初めてで、(全米オープン会場で)一番難しいところに来ちゃったね」と苦笑いする第一印象だ。

松山英樹とは連日一緒にプレーし、前夜はバーベキューをともにして英気を養ったという。この日は、午前9時前からアウト9ホールをともにチェック。「風が強かったきのうは15フィートくらいのグリーンの速さが出ていた(編注:国内ツアーは10~12フィート)。きょうは少しボールが止まるようになったけれど…」と四苦八苦している。

「とにかくタッチを合わせて、“感じ”を出していかないと。流れが悪くなれば80台も簡単に行ってしまう」。前回当地で行われた2007年大会で、1ラウンドのアンダーパーを出した選手は4日間で8人だけ。耐え忍ぶ展開を強いられるのは覚悟の上だ。

心の拠りどころになるのは「日本よりも広い」というフェアウェイが生むティショットへの安心感。5W相当の距離を出せるアイアン型UTを持ち込み、硬い地面を利用してランを稼ぐ作戦のオプションもある。そして「ラウンドは誰よりもやっている。時差ボケも抜けてきた」という事前ラウンドの積み重ねも、土壇場で力となるかもしれない。(ペンシルベニア州オークモント/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。