ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 マスターズ
期間:04/07〜04/10 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

涙と微笑みと 2度優勝のトム・ワトソンが「マスターズ」に別れ

8日、オーガスタナショナルGCの急勾配の18番フェアウェイをグリーンに向かって歩いてくるトム・ワトソンを、満場のパトロンたちがスタンディングオベーションで迎えた。カットラインにはわずかに2打及ばなかったが、ワトソンはこれを自身最後の「マスターズ」とすることを決めていた。

「もう18番グリーンに向けて5Wや3Wを打たなくてよいと思うと嬉しいよ」と、ワトソンは微笑んだ。「それが、もうここでプレーしないという理由のすべてだよ。若い子たちが7Iや8Iで打っていくのに、自分は3Wでなんとかグリーンに載せようと頑張っている。もう、ここは自分の居場所ではないってことだ」。

<< 下に続く >>

1977年、81年と2度グリーンジャケットを獲得した。今年で「マスターズ」出場は43度目。オーガスタでの一番の思い出は、77年の初優勝後に最初の師匠であるスタン・サースク、そしてもう1人の師匠バイロン・ネルソンに礼を言うために、キャビンの部屋に一人籠もって、順番に電話をしたことだという。「あれは特別な瞬間だった。マスターズを勝ったというオーラがその後の自分のプレーに大きな自信を与えたけど、まずは自分を育ててくれた人たちに感謝しなければならなかった」。

18番グリーンに上がってきたワトソンは、右拳を胸に当ててから、両方の人差し指でパトロンたちを指さして、心からの感謝を表した。その目には、こらえきれない涙があふれていた。

「もう、子供たちを相手にプレーするのはこれが最後になると思う。でも、年寄りたちを相手にはまだ戦うよ。優勝を目指して戦うスリルが好きだし、勝つことのプレッシャーを感じるのが好きだ。予選通過を目指すことにも確かにプレッシャーはあるけれど、それは少し違っている。それがやりたいことだし、今までやってきたことだ」

温かい拍手が、いつまでも66歳のワトソンを包み込んだ。(ジョージア州オーガスタ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 マスターズ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!