ニュース

米国男子WGC キャデラックマッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 WGC キャデラックマッチプレー
期間:04/29〜05/03 TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)

「チキン」な誘惑作戦にも動じず…松山英樹、完勝でマキロイ戦に弾み

世界ゴルフ選手権シリーズ「WGCキャデラックマッチプレー選手権」(カリフォルニア州サンフランシスコ、TPCハーディングパーク)3日目、松山英樹ケビン・ナを5&4(4ホールを残して5アップ)で下し、予選リーグ3戦全勝で16人に絞られる決勝トーナメント進出を決めた。勝ち抜き戦となる決勝1回戦は、世界ランク1位のロリー・マキロイ(北アイルランド)と対戦する。

前日までとは一転、灰色の雲が空を覆い、冷気に包まれたTPCハーディングパーク。松山もナも序盤はスロースタートだった。前半はそれぞれバーディが1つずつ。松山のティショットは左右に散り、なかなかチャンスを作れない。一方のナは「寒かったし、背中が痛かった」と弁解する。

4番ではお互い3打目を2mにつけると、ナがお互いのコンシード(次打でカップインとみなす)を提案。松山は「同じような距離だったし、測るのも面倒だったので」とこれを受け入れたが、ギャラリーからは「オー、チキン(弱虫)」といううめき声も。ともにきっかけを探り合うようなフロントナインとなった。

後半になって松山のエンジンが一気に点火した。10番で下り2.5mのバーディパットを沈めて2アップとすると、12番からは怒濤の3ホール連続でナとの差を広げ、一気にマッチに終止符を打つ。12番は56度のウェッジで1.5m、13番は8Iで2.5m、14番は9Iで1mへ。ショートアイアンをピンに絡め、3連続バーディであっという間に試合を決めた。

しかし、結果的にバーディを奪った13番(パー3)ですら、松山にとっては許しがたいミスが続いたようだ。右奥に切られたピンは、右エッジから4yd。1ピン左を狙った8Iのティショットは右2.5mについたが、「あそこで右に打っている時点でダメ」と、この誤差を受け入れられない。バーディパットも、外れたと思って歩き出すと最後に左にコロリと落ちた。

「今日のようなプレーをしていたら、前半で離される。今日の後半くらいのプレーをしっかりできるように、明日の朝までに調整したい」

決勝トーナメント初戦で、松山の対戦相手が世界ランク1位のマキロイに決まった。この日、マキロイはビリー・ホーシェルを相手に残り2ホールで2ダウン。そこから2ホール連取して土壇場でオールクエアに戻し、20ホール目で逆転勝ちを収めた。完勝続きの松山とは違う流れを引き寄せた感はある。

松山について、マキロイはこう言う。

「彼と初めて一緒にプレーしたのは2013年のミュアフィールドでの全英オープン。彼は2日間、自分よりずっと良いプレーをしていた。その後も1、2回一緒にラウンドしたけど、とても良いプレーヤーだ。ショットに切れがあって、球を捉えるのがうまい。弱点があるとは言いがたい。自分も明日は良いプレーをしないといけないね」

2日(土)のティオフは8試合中、最後となる午前11時14分(日本時間3日午前3時14分)。大一番が待っている。(カリフォルニア州サンフランシスコ/今岡涼太)

関連リンク

2015年 WGC キャデラックマッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~