ニュース

米国男子ドイツバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ドイツバンク選手権
期間:08/29〜09/01 場所:TPCボストン(マサチューセッツ州)

「大変な一日だった」松山英樹は出遅れ65位

バーディ合戦の波に乗り切れなかった。マサチューセッツ州のTPCボストンで開幕した米国男子ツアー「ドイツバンク選手権」。8アンダー単独首位のライアン・パーマーをはじめ38人がアンダーパーをマークしたフェデックスカッププレーオフ第2戦の初日、松山英樹は3バーディ、5ボギーの「73」(パー71)で回り、2オーバーの65位タイと出遅れた。

スタートホールの1番で、残り約95ヤードの第2打をピンそば30センチにピタリとつける“おはようバーディ”。勢いづくかに思われた期待はすぐに萎んだ。グリーン左奥フェアウェイからの4打目を寄せきれずにボギーを叩いた2番(パー5)から2連続ボギー。7番(パー5)で2メートル強のバーディチャンスを逃すと、続く8番(パー3)からはティショットをいずれも左サイドにミスして再びボギーを2つ並べた。

<< 下に続く >>

後半アウトではパー3を除く7ホール中6ホールで、ティショットでフェアウェイを捕えて挽回。12番では3メートルのバーディチャンスを活かし、14番はグリーン右奥のエッジから3打目、ユーティリティで転がして見事にカップに沈めた。ところが最終18番(パー5)では、グリーン右手前のバンカーから脱出に2打を要し「そんなに難しい感じではなかった。ああいうミスをしている時点でダメ」とボギーフィニッシュ。

「ショットは最後の方に良くなったと思ったら、またミスショット。大変な一日だった」。31パットを叩いたが、この日はボールの行きつくライが不運続きだったこともあり「リカバリーもできなかった」と、アプローチが振るわなかった印象を持たせた。

2日目は予選通過のカットライン、ギリギリからスタートする。好材料は悩み続けているグリーン上での感覚だ。「極端なミスパットはそんなになかった。良くなりかけているのかなあと思います」という久々のポジティブな言葉に、巻き返しへの強い意志を込めた。(マサチューセッツ州ノートン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ドイツバンク選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!