ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ザ・バークレイズ
期間:08/21〜08/24 場所:リッジウッドCC(ニュージャージー州)

「今年一番きついラフ」松山英樹は10時間調整

2014/08/21 08:56

打っても、打っても、理想には程遠い。21日(木)に初日を迎えるフェデックスカッププレーオフ第1戦「ザ・バークレイズ」の開幕前日。松山英樹の最終調整はプロアマ戦を含め、10時間以上にも及んだ。

「良かったら、練習しないっすよ。練習量が物語ってますよ。調子の悪さを…」。早朝のウォーミングアップからプロアマ戦のティオフが午前7時30分。軽めの昼食を挟み、ショット、アプローチ、パット練習を終えたのは午後5時前。強い日差しを浴び続けた松山は、時折笑いを交えながらも、現在の調子への不満ばかりが口をついた。

<< 下に続く >>

ドライビングレンジではアイアンに続いてフェアウェイウッド、ドライバーを打ったかと思えば、またアイアンに戻りウッドへ。その繰り返しを延々と続けた。「基本的なショットが打てていないんで、(試合で状況に)対応したショットは打てない」。スイングチェックに余念がなく、基本動作ばかりを確認し「戦う状況にはなってないってことですよね」とまで言った。

例年ニューヨーク近郊で行われてきた大会が今年、このリッジウッドCCで開催されるのは2010年以来。マット・クーチャーが優勝した同年は、通算12アンダーでプレーオフに突入した。しかし今大会はラフが極めて長く、難易度は一層高そう。「今年一番キツイ、しんどいかなと思いますね。ラフだけでいえば」。優勝スコアについても「トップがどのくらい(スコアが)出るか分からないけど、(通算)10アンダーにいくか、いかないか…。いかないと思いますけどね。いった人の勝ちでしょう」というのが松山の見立てだ。

それでも今は、周囲の選手のプレーよりも自身の状態ばかりが気にかかる。「焦らず、結果を求めてしまうけど、焦らず。自分のやることを続けていけたらいい」。我慢、我慢、我慢の時間を正面から受け入れる。(ニュージャージー州パラマス/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ザ・バークレイズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!