ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

マキロイ時代の到来か ミケルソンら敗者たちも賞賛の言葉

2014/08/11 12:44

単独首位から「全米プロゴルフ選手権」最終日を出たロリー・マキロイ(北アイルランド)が1打差で逃げきり、3週間前の「全英オープン」に続く出場メジャー2大会連続優勝を飾った。前週には「WGC ブリヂストンインビテーショナル」も制しており、これでビッグトーナメント3連勝。「優勝するためにできることは全部やった。本当に嬉しいよ」と答え、世界ランキングナンバーワンに相応しい圧倒的な強さを見せつけた。

これでマキロイは、2011年「全米オープン」、12年「全米プロ」、そして今年の「全英オープン」に続くメジャー通算4勝目。25歳3ヶ月6日での到達は、タイガー・ウッズ(24歳6ヶ月24日)、ジャック・ニクラス(25歳2ヶ月22日)に次いで3番目の年少記録となった。

今後も当然ながらついて回るであろう、一時代を築いた2人との対比。「タイガーとジャックはスポーツ史上でもっとも偉大な選手たちだ。僕もその素晴らしいキャリアに向けて進み始めていると思うけど、これから先はとても長い道のりが待っている。でも、彼らと同じようなポジションに居られていることは、すごく嬉しいことだよ」。

今回敗れた選手たちも、マキロイに賞賛の言葉を贈った。2打差の3位に終わったヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は「比較をするのは難しいけれど、タイガーは遠い存在ではないと思う。今後も毎年メジャー1勝しても不思議じゃないね。僕らはそれを阻止しなくてはいけない」。

惜しくも1打差の2位に終わったフィル・ミケルソンは、「今の彼は、他の誰よりも良いプレーヤーだ。本当に素晴らしい」と絶賛。「全英オープン」に続き再びマキロイに惜敗したリッキー・ファウラーも、「お手上げだよ。彼から1勝をもぎ取れるよう、太刀打ちできるようにならなければ」と、同年代のライバルに白旗を上げていた。(ケンタッキー州ルイビル/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。