ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 マスターズ
期間:04/10〜04/13 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

松山英樹、“自己最悪”39パットで90位「途中で修正できなかった」

2014/04/11 08:18

ジョージア州にあるオーガスタナショナルGCで開幕したメジャー今季初戦「マスターズ」初日。松山英樹は2バーディ8ボギー1ダブルボギーの「80」と崩れて8オーバー。「途中で修正できなかったのが残念」と、首位と12打差の90位タイ発進に表情を強ばらせた。

プロとして初めて挑む「マスターズ」。1番のティショットは「普通に、何も変わらず打ちました」と完璧なドライバーショットでフェアウェイを捉えたが、2打目をグリーン右に外すと、アプローチを2メートルオーバーしてボギー発進。続く2番(パー5)では2オンに成功するも、約25メートルのファーストパットを今度は3メートルショートさせての3パット。本戦に入って速度を増したグリーンに松山のタッチは合わなかった。

この日のフェアウェイキープ率はフィールド唯一の100%。しかし、完璧なティショットもスコアには繋がらない。6番(パー3)で3パットのボギーを献上すると、8番(パー5)では2打目でグリーン手前に運びながらもアプローチを突っ込みきれず、10メートルのバーディチャンスから4パットのダブルボギーとし、呆然と立ちすくんだ。

折り返した後半も5つのボギーを叩いて、奪ったバーディは13番(パー5)の1つだけ。イーグルチャンスにつけた13番の第2打も「ミスショット」と取り合わなかった。

3パット3回に4パット1回で、この日のパット数は屈辱の「39」。プロ転向後、国内ツアーでは「36」が過去最多。PGAツアーのスタッフによれば、米ツアーでも「36がこれまでの最多だ」という。キャリアワーストを更新したことが確実となった。

皮肉だったのは同組で回ったブラント・スネデカーのプレー。右に押し出すミスショットを連発しながらも、要所で難しいパットを沈めて2アンダーで戻ってきた。「すごいなと思った。それは自分との差。練習して詰めていかないといけない」。

ホールアウト後は練習グリーンへと直行し、何度もストロークとグリーンの速さを確かめるように球を転がした。「分かっていれば、もう終わっています」という問題点を見つけるため、照りつける太陽の下でひとり自問自答を繰り返した。(ジョージア州オーガスタ/今岡涼太)

関連リンク

2014年 マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

4/14(月)マスターズ最終日の朝にはPUSH配信で詳細速報をお届け!【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~