ニュース

米国男子WGCキャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGCキャデラック選手権
期間:03/06〜03/09 トランプナショナルドラール(フロリダ州)

松山英樹は首位と8打差で最終日へ「パットが入れば」

フロリダ州のトランプナショナルドラールで開催されている「WGCキャデラック選手権」3日目。5オーバーの25位から出た松山英樹は3バーディ、2ボギーの「71」で回り、通算4オーバーの21位タイに浮上。首位パトリック・リードとの差は8ストロークとなった。

一見すれば、前日までとは違うコースのようだった。風速16メートル以上の風が吹き荒れた初日、2日目とは一転し、ムービングデーはそよ風が流れるコンディション。しかし松山は序盤3番で第2打をグリーン左奥のバンカーに入れ、ボギーを先行。「最初の方で短いパーパット(2メートル)を外して流れが来なかった」とスコアを伸ばしきれなかった。

4番では7メートルのパーパットを沈めてギャラリーを沸かせたが、前半はアイアンで2オンに成功した8番(パー5)でのバーディを含め2バーディ(2ボギー)。後半13番(パー3)で3メートルを沈めたバーディで、アンダーパーラウンドを決めたが「パットがショートしがち。もう少し良いストロークができればと思う。ラインが少し違ったり、グリーンのスピードがまだ掴めていない」。終盤17番、18番でわずかに届かなかったバーディパットが、表情を歪めさせた。

第2ラウンドで「76」だった全選手の平均スコアは「72.574」。松山自身も前日「77」から6ストローク良くなった。しかし「逆に風がないからコースが狭く見えたり、風が回っているようにも感じた。そこが今日は難しかった」と不満もあった。

自身のショットの状態には納得するが、3ラウンド合計のパット数91(29-33-29パット)は出場68人のうち59位タイと低迷。「今日みたいなショットを打って、パットが入ればアンダーが出せる」。最終日のチャージは、持ち味のグリーン上でのプレーがカギになりそうだ。(フロリダ州ドラール/桂川洋一)

関連リンク

2014年 WGCキャデラック選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~