ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は21位フィニッシュ 上がり3ホールで底力

オハイオ州のファイヤーストーンCCで行われた「WGCブリヂストンインビテーショナル」。イーブンパーの17位タイで最終日を迎えた松山英樹は3バーディ、4ボギーの「71」(パー70)で回り、通算1オーバーの21位タイに終わったが、来季のシード権獲得へまた一歩前進した。

優勝争いは既に前日、いや2日前には結論が出されていた。2日目に「61」を叩き出し、7打のリードを持って最終ラウンドを迎えたタイガー・ウッズは余裕の逃げ切り。しかしツアーカードを狙う松山の戦いは、この日も最後まで息詰まる展開を見せた。

<< 下に続く >>

前半は4番でボギーを先行させながらも、ティショットをピン横2メートルにつけた5番から2連続バーディを取り返した。しかし「昨日の(ラウンド後の)練習も、今朝も状態は良かった」と、自信を取り戻したはずのショットの調子は波打つばかり。後半12番(パー3)では痛い3パット、さらに14番でも1.5メートル残したパーパットを決めきれなかった。

しかし底力を発揮したのは終盤だ。16番(パー5)のボギーは左ラフからの第3打をグリーン手前の池に入れながら、1ペナ後の5打目を1メートルにつけて、もぎ取ったもの。17番では5メートルをねじ込み「シード権に向けて、すごく良いバーディだった」。そして最終18番では、ドライバーでの第1打を左の林に打ち込んだが、セカンドで強烈なフックをかけて花道まで運び、1パットパーを決めた。

「ショットがひどい4日間でした。(前週の)カナダからなので、そろそろ良くなってほしいんですけど…」と、苦笑いで振り返った。それでも今季の獲得賞金額は8万1167ドルを重ねて58万3074ドル、想定フェデックスカップポイントも47.5を加えて276.5とし、シード権獲得となるレギュラーシーズン終了時の125位以内をしっかりと視界に捕えた。

「(シードを)ここで決めてしまいたかったけれど、来週しっかりと予選通過をして、優勝争いをできるプレーをしたい。アプローチは良くなっているんでそこが救い。今週はタイガーのレベルの高いプレーを見られて勉強になった」。ホールアウト後、休む間もなく荷物をまとめ、次週の会場へ向かった。

次なる戦いはニューヨーク州オークヒルCCで開催の「全米プロゴルフ選手権」。メジャー3戦連続トップ10もかかるビッグイベントで、当確ランプを灯してみせる(オハイオ州アクロン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 WGCブリヂストンインビテーショナル

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!
「ユニクロのウェアは、コースでも常に快適でした。」アダム・スコット選手が認めたウェアを、あなたに。 全英オープンゴルフでの着用予定アイテムや、ザ・メモリアルトーナメント、全米オープンでのスタイリングをご紹介。 汗をすばやく乾燥させるドライ機能商品から少し肌寒い時に重宝するニットやダウンベストまで、ユニクロのウェアがあなたのゴルフを快適にします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!