ニュース

米国男子HP バイロンネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、4戦連続で決勝ラウンドへ「最低ラインはクリアできた」

2013/05/18 09:24


「底上げは出来ていると思う」という石川遼の言葉を、そのまま証明するかのようなラウンドとなった「HPバイロンネルソン選手権」2日目。通算1オーバーで初日を終えた石川は、2日目は8時に10番からティオフし上位を目指した。

ティグラウンドがフェアウェイの左に置かれ、323ヤード先のグリーンまで池越えとなる11番(パー4)。初日は5Wで右サイドのフェアウェイに刻んだが、「風が弱くて少しフォロー。絶好の状況だった」とこの日はグリーンに向けてドライバーを振り抜いた。

ピンに向けて軽いドローの軌跡を描いた石川の球は、見事にグリーンを捉えて奥のカラー、ピンまで約10ヤードのところへ止まる。しかし、アプローチを2メートルほどオーバーして、返しも決められずのパー。「ちょっと欲をかきすぎてしまった。自分の技術と、その時にやるべきことを間違えなければ、ああいうことは起こらない」と石川。続く12番でも3パットのボギーとして悪い流れになりかけたが、石川は必死に耐えた。

パーを積み重ねて迎えた17番(パー3)で3メートルを沈めてバーディとすると、折り返した2番(パー3)でも30センチにつけてイーブンパーまでスコアを戻す。6番では「カップ3個くらい曲がるスライスライン」というパットを沈めて通算1アンダーへ。「ひとつのラインにひとつのスピードしか無かった。ああいうのが決まれば、どんどんうまくなっていく」と白い歯を見せた。

7番(パー5)では、ティショットを大きく引っ掛けて隣のホールのフェアウェイに打ち込みながらもパーセーブ。カットラインとして想定していた通算1アンダーで迎えた最終ホールも、フェアウェイからきっちりとグリーンの安全なポジションへ運んでバーディ逃しのパー。予選通過圏内で36ホールを乗り切った。

通算1アンダーは53位タイ。4戦連続で予選通過を果たした石川は「予選を通り続けることが重要。最低限のことは出来たと思う」と、安堵の表情を見せた。

「今日も食らいつこう、食らいつこうとしてすごいプレッシャーを感じながら上がってこられた。今までに出来なかったことだと思う」と振り返った石川。「あとは4日間やっていたら、1日はビックスコアを出すこと。そこだけですかね」と、次のステップを目指し、決勝ラウンドへと駒を進める。(テキサス州ダラス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 HP バイロンネルソン選手権

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。