ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/09〜08/12 場所:サウスヒルズメダイナCC(オクラホマ州)

今日の日本人選手/片山晋呉は103位タイから30位タイに浮上し、ただ一人予選突破!

「全米プロゴルフ選手権」初日では、ハードなコースセッティングに体を慣らす間もなく出遅れを強いられた片山晋呉谷口徹今田竜二の3人。予選で全滅の可能性もある中で迎えた2日目、片山が世界の強豪と互角に渡り合う素晴らしいプレーを見せた。

6オーバー103位タイで1番ティからスタートした片山は、7番までパーセーブを続ける我慢のゴルフ。迎えた8番、245ヤードの長いパー3でバーディを奪い、1つスコアを伸ばして前半を終えた。12番パー4でボギーを叩き、再び予選通過圏外へと戻ってしまうが、ここからスイッチが切り替わる。14番、223ヤードと距離のあるパー3でバーディを奪い返すと、16番、17番で連続バーディ。14番から17番までで4連続ボギーを叩いた前日のリベンジを果たす見事なプレーを披露し、この日「67」をマーク。通算3オーバーの30位タイフィニッシュと急浮上し、今大会では出場3試合連続となる予選突破を果たした。2001年大会では4位タイに入る活躍を見せた片山が、再びその名を全米中に轟かすことができるだろうか。

一方、初出場の今田はこの日も出入りの激しいプレーとなった。126位タイからのスタートとスコアを伸ばすしかない状況の中、バーディを奪った直後にボギーを叩くなど、終始リズムに乗り切れない展開が続く。最終的に4バーディ5ボギーの「71」とスコアを1つ落とし、通算9オーバーの98位タイ。今田の「全米プロ」初挑戦は予選で幕を閉じた。

116位タイからのスタートとなった谷口も、出だしの10番をバーディ発進とするもその後は沈黙。この日1バーディ3ボギーとスコアを伸ばせず、今田と同じ通算9オーバーの98位タイでフィニッシュ。5度目の挑戦となった今年も、初の予選突破は叶わなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!