ニュース

米国男子WGCワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 WGCワールドカップ
期間:11/13〜11/16 場所:ザ・オーシャンコース(サウスカロライナ州)

「ワールドカップ」初日/上位陣にインタビュー

ドイツ(通算5アンダー:1位)
アレックス・チェッカ
「風が吹き荒れていて大変。向かい風のホールはかなり長く感じたよ。マルセルの方が飛距離があるけど、彼でも苦労していたくらいだからね」
マルセル・シーム
「大変だったけど楽しかった。素晴らしいコースで気候も良いし、初日だというのにギャラリーも多くてね。またアレックスと一緒にプレーできるていることが夢のようで最高」

ウェールズ(通算4アンダー:2位)
ブラッドリー・ドレッジ
「最高のプレーができた。出だしは2人とも苦戦していたんだ。でも後半に入ってパートナーのウージーが大活躍してくれた」
イアン・ウーズナム
「国を代表するのは嬉しいことだね。私はフィリップ・プライスの代わりに急遽呼ばれたんだ。実はバーベイドスに行っていて、ここまで戻るのに大変な移動だったけど、来て良かったよ」

フランス(通算3アンダー:3位)
トーマス・レベ
「今日はみんな寝ながらうなされるね。厳しい風だった。グリーンに落ちるはずのボールが風にさらわれてどっかに行っちゃったり、大変だった」
ラファエル・ジャクリン
「今夜は赤ワインを数本あけて、酔いつぶれないと寝れないかもね」
トーマス・レベ
「そうだね。試合中だけど、人生で初めて酔いつぶれてみようかな?」

アメリカ(通算1アンダー:7位タイ)
ジャスティン・レナード
「中盤の向かい風のホールが大変だと思ったら、14番以降の追い風のホールも決して楽じゃなかった」
ジム・フューリック
「今日はとりあえずフォーボールが終わってほっとしている。牙をむいているコースの特徴も少しずつ掴んできている。でも明日も大変な一日になりそうだ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 WGCワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!