ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 マスターズ
期間:04/09〜04/12 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

追撃実らず単独5位のフィル・ミケルソン「タイガーが…」

「マスターズ」最終日、スタート前は地味な優勝争いが懸念されたが、蓋を開けてみれば、タイガー・ウッズフィル・ミケルソンの世界1,2位コンビが、バーディラッシュを見せて首位に迫り、パトロン達を熱狂の渦に巻き込んだ。

特にミケルソンへの声援はすさまじかった。フロントナインで、2番を皮切りに6つのバーディを奪ったミケルソンは、通算10アンダーへと急浮上。首位と2打差に迫って折り返した。

<< 下に続く >>

迎えたアーメンコーナーの12番、超満員のスタンドと、ティグラウンドの周りを埋め尽くすパトロン達の大声援を受けたミケルソンだが、9Iで放ったティショットは右によれて、一度は向こう岸まで達したものの、坂を転げ落ちてクリークに消えてしまう。「12番はこれまで相性のよいホールだった。何故なら、もし引っ張ってしまった場合、球は少し飛んで(グリーンに)キャリーする。しかし、沢山の良いショットのあとで、ひどいショットをしてしまった」と、このホールをダブルボギーとしてしまう。

それでも、13番で2オンに成功して2パットのバーディとすると、15番パー5でも、今度は2打目を1mにつけるスーパーショット。イーグルで首位に並ぶ場面だったが、このショートパットをミスしてしまう。「少し左に切れるラインだったので、カップの右はじを狙おうと決めた。だが、(同じ方向から打った)タイガーの打ったパットがカップの近くで右に切れたので、これは自分が考えたように左に切れないぞと考え直し、キャディのボーンズ(ジム・マッケイ)ともう一度確認して、よしこれは右に切れるに違いないと決め、あいまいなストロークをしてしまった。自分の読みを信じ切れなかった」とミケルソン。

このホールをバーディとしたものの、16番、17番でもバーディチャンスを逃し、最終18番はボギーフィニッシュ。タイガーと共に、二人肩を落としてホールアウトした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!