ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ミケルソンが右打ちでバーディ!?

キャリア21勝のフィル・ミケルソンだが、今季は勝ち星なし。また、現在の米国賞金ランキングも35位と低迷。さらにその年の賞金ランキング上位30名だけに出場資格が与えられる「ツアー選手権」行きを今まで逃したことのないミケルソンだが、今季は厳しそうだ。

そのミケルソンは「ラスベガスインビテーショナル」初日を67。2日目、ザ・キャニオンズでは前半を29で折り返し64、通算12アンダーと躍進した。その中に奇妙なバーディがあったのだ。10番以降ボギーが先行していたミケルソン。14番ではティショットを331ヤード飛ばし、グリーンに1オン。しかし3パットしてしまいパー。そして迎えた15番パー5。上手く2オンできれば、バーディ確実、イーグルも可能なチャンスホールだった。

<< 下に続く >>

その大事なティショットを大きく右に外し、ボールは岩肌の荒地に消えた。捜索の成果もあって、なんとかボールは見つかったが、岩肌に生える硬いブッシュの根元でボールは止まっていた。普通に打つのは不可能だと感じたミケルソンはなんとサンドウェッジをフェイスを逆さに右手打ち。みごとにフェアウェイにレイアップした。

フィル・ミケルソン
「右打ちは練習しないんだ。でもテニスでも両方で打てるし、ゴルフのスイングをシンプルに考えてただ振ったんだ。いろいろ考えていたら打てなかっただろう」

レイアップしたフェアウェイから今度はちゃんと左打ちで残り244ヤードを3番アイアンでグリーンエッジまで運び、そこからミケルソンらしいチップインでバーディ。ミケルソンらしい“攻め”の姿勢が生んだミラクルバーディだった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!