ニュース

米国男子ファーマーズ・インシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ファーマーズ・インシュランスオープン
期間:01/26〜01/29 トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

P.ミケルソン 昨年のリベンジで王座奪還を狙う

米国男子ツアーの今季第4戦「ファーマーズ・インシュランスオープン」は26日(木)から29日(日)までの4日間、カリフォルニア州トーレパインズGCで開催。昨年大会で惜しくも2位となったフィル・ミケルソンには2001年以来の大会制覇がかかる。

前身の「ビュイック・インビテーショナル」から、同大会で通算3勝をマークしているミケルソン。出身のサンディエゴにある同コースでは、タイガー・ウッズの通算6勝(2008年の全米オープンは除く)に次いで大会史上2位の記録を保持している。タイガーは今週、欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」参戦のため、結果からいえば今年のフィールドで最もコースとの相性が良い男といっても過言ではない。

昨年大会は、トップタイで迎えた最終日にバッバ・ワトソンに逆転を許し1打差で2位。しかしその敗戦が決まった“ラストシーン”は印象深いものだった。2打ビハインドで迎えた最終18番(パー5)の第3打。残りは70ヤード以上あったが、レフティはキャディの“ボーン”をグリーンへと走らせ、ボールがカップインする確率を高めるためにピンフラッグを抜かせた。

チップインイーグルを奪えばプレーオフ突入、という奇跡の青写真を描いたショットは、ピンそばで止まり、勝負が決まったが、最後まで勝利への望みを捨てなかったミケルソンに、ギャラリースタンドから大きな歓声が降り注いだのは言うまでもない。

「去年は惜しかった。でも最後までチャンスがあったから、楽しかったんだ。勝つことはもちろんだけれど、勝てる可能性を持ってプレーすることが何より楽しい」。昨年はシーズン1勝にとどまったが「充実したオフをすごして、自分が思うようなレベルには状態を持ってきたつもりだ」とリベンジへの思いを強く胸に刻んでいる。(カリフォルニア州サンディエゴ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ファーマーズ・インシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。