ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

小田孔明、日本勢でただ1人最終ラウンドへ

「ソニーオープンinハワイ」予選ラウンドを日本勢最高位となる通算3アンダーの39位タイで通過し、決勝ラウンドに進出した小田孔明。3日目は10時21分に1番ティからスタートし、2番で2.5mを沈めてバーディ先行の好スタートを切った。

「前半はショットが良かった」と、グリーンを外したのは2回のみ。9番パー5ではドライバーで飛距離を稼ぎ、残り172ヤードの2打目を8番アイアンでピン左4mに2オン成功。これを沈めてイーグルを奪うと、折り返し後の10番も1.5mに絡めてバーディを奪い、通算6アンダーまで伸ばしで上位に迫る勢いを見せた。

しかし、11番(パー3)のティショットから流れは急変する。グリーン右サイドに切られたピンに対し「右の風に対してカットに打った」というボールは、イメージよりも右へと流れてバンカーへ。2打目を寄せ切れずボギーとし、「それからいろいろ考えてブレだした。前半みたいに風だけ意識してポーンと打てば良かった」と、ショットに迷いが生じる。以降は「ショットが突っかかったり、引っ掛かりだした」と安定感を欠き、13番、16番とボギー。前半の貯金を使い果たし、1イーグル、2バーディ、4ボギーのイーブンパー。通算3アンダーは変わらず、51位タイへと後退した。

「イーグル獲ってパープレーかよ・・・。駄目だ、ヘタクソや」と肩を落とす小田。ホールアウト後、ショットの修正のためドライビングレンジに直行した。この日、小田とともに決勝ラウンドに進んだ今田竜二は71位タイ、高山忠洋は75位タイに後退。二人は今週の最終ラウンドへの進出条件となる70位タイに満たず、明日の最終日を前に姿を消す結果となった。「バーディをたくさん獲れるように頑張ります」。日本勢最後の砦として、意地のバーディラッシュを誓った。(ハワイ州ホノルル/塚田達也)

◆ソニーオープンinハワイ GDO×Ustream練習場ライブ中継◆
http://news.golfdigest.co.jp/tournament/pga/live/t2292.html

中継予定時間(すべて日本時間)
<最終日>
16日午前1時30分~8時

日本人選手登場予定時間
小田孔明:2時~3時30分
※選手のスタート時刻等によってライブ中継時間が前後します。

関連リンク

2012年 ソニーオープンinハワイ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~