ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太は75位で最終日へ「吹っ切ってやりたい」

2011/08/07 07:58


米オハイオ州ファイヤーストーンCCで開催中の世界ゴルフ選手権シリーズの第3戦「WGCブリヂストンインビテーショナル」3日目。6オーバーの72位タイから出た池田勇太は、3ボギー、2ダブルボギーの「77」と崩れ、通算13オーバーの75位に後退した。

屈辱のノーバーディ・ラウンドに、池田は「もうここまで来ると、ホントに何を言っていいか分からない。気持ちもやきもきしてくる」と、こぼした。10番からスタートすると、フェアウェイキープ、パーオンを続けるが、チャンスを生かせない。ムービングサタデーの序盤からパーが並び、16番ではショートパットを2度外してダブルボギー。続く17番でも1メートル以内のパーパットを外してしまった。「本当に、このグリーンが合わないのか・・・」と唇をかんだ。

ショットは前週優勝した「サン・クロレラクラシック」からの調子を維持しているだけに、口惜しい。3日間のフェアウェイキープ率66.7%は全体11位の数字だ。「とにかく明日はなんとかバーディが入ってほしい。吹っ切ってやりたいと思います」。次週には今季のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」も控えるだけに、良いイメージを残して大会を終えたい。(米オハイオ州アクロン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。