ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 場所:ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)

6年ぶり出場の高山忠洋はバンカーを警戒

14日(木)にイングランドのロイヤルセントジョージズGCで開幕する今季の海外メジャー第3戦「全英オープン」。今季の国内ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」で優勝し、6月末の「~全英への道~ ミズノオープン」までの賞金ランク上位2位(有資格者を除く)の権利で今大会への切符を手にした高山忠洋は、2005年大会以来2度目の全英出場となる。

コース入りしてから河井博大との練習ラウンドで調整を進めてきた高山。久々の英国リンクスでの戦いを前に、まず警戒したのはポットバンカーだった。深さはもちろん「砂が軟らかくてスピンをかけにくい」と寄せることへの難しさを説明。さらに「ブラインドになるので、どこに打てばいいかわからない。バンカーに入れたら1ペナと考えないと」と続けた。

<< 下に続く >>

フェアウェイのアンジュレーションにも手を焼き「風の難しさもあるしフェアウェイに行ったら行ったで、どうなるか分からない」と苦笑い。悩みが尽きないのは他選手と同様だ。

しかしセントアンドリュースで行われた2005年大会では、日本人最高位の23位でフィニッシュ。これは日本勢としてはここ10年で、03年の片山晋呉、2006年の谷原秀人(いずれも5位)に次ぐ順位だ。ボールの行方が定まらない難コース、そして厳しい気象条件。時には“不運”の一言で片づけてしまいたいケースも出てくるはず。それでも「ラッキー、アンラッキーはあるが、それはしかたがない」と受け止める。我慢を続けて今大会も存在感を見せたい。【イングランド・サンドウィッチ/桂川洋一】

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!