ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 コングレッショナルC.C(メリーランド州)

三田村昌鳳が語る・・・全米オープンとは?(1)

2011/06/08 16:25


全米ゴルフ協会(USGA)が主催する「全米オープン」は、マスターズ、全英オープン、全米プロと並ぶ世界4大メジャー大会のひとつ。その中でも特に厳しいコースセッティングで知られ「世界NO1ゴルファー」を決めるにふさわしい舞台としてその名を轟かせる。第1回大会は1895年。以後、115年の時を経ても、その伝統と格式、そして「世界一」の称号を求めるゴルファーたちの挑戦欲は今も変わらない。世界最高レベルで繰り広げられる激闘の連続。その大いなる魅力を、ゴルフジャーナリストの三田村昌鳳氏に語ってもらった。

”小数点”に迫る最高難度のコースセッティング

全米オープンは、世界最高最強を決める戦いだと言われる。だから、藤田寛之選手は「自分が世界でどの位置、どの順位にいるのかを確認できる大会だと思います。例えば、陸上競技会でタイムを競うのと同じで、世界で何番目なのかが判明してしまう大会」なのだという。

だからこそ全米オープンは、超最高難度のコースセッティングに仕上げなければいけない。それは選手たちを虐めるわけではない。むしろ選手たちの技量を、とことん厳密に、厳正に測るために、そういうフィールドづくりをしているのだと思う。例えば、100メートル走で、昔なら手動のストップウオッチで計測していた。それが写真判定が加わって、小数点以下の100分の1、1000分の1で計測できることによって、優劣の差を鮮明に出すことができる。

ゴルフゲームには、小数点がない。どんなに惜しいパーでも、パー4は、4であり惜しいパーだから3.9とか、バーディ逃しだから3.1とかスコアカードに書かない。それらはすべて4として表記される。もちろんボギーになりそうな危ない場面で、運よくパーを死守できたからといって「あなたは、パー4ではなく、ほんとうはパー4.9なんですよ」とは言わないし、そういう数値は切り捨てる。けれども主催する全米ゴルフ協会(USGA)は、なんとか小数点をコースセッティングで出したいと考えたわけである。

1992年、ペブルビーチの全米オープンで、こんなデータを取っていた。ラフに1回入るとスコアにどれだけ影響を及ぼすかというものだった。全選手のラフに入った回数とスコアを集計して割り出したもので、およそ0.25ストロークだった。2日目だったかジャンボ尾崎が、17番ホールを終えてラフに8回入っていながらスコアではボギーとせずにパーを死守していた。けれども18番ホールでティショットを左に曲げてダブルボギーを叩いた。こじつければ、これでデータとの帳尻があった、ということになる。

1打を、精緻に分別して実力を決めるために1打に表れない些細なミスの積み重ねを1打として具現させようとしている。だから選手たちは、ホールアウト直後、スコアにかかわらず、一瞬呆然とする時間を過ごす。全神経を解きほぐす時間が必要だからだ。そういう光景を、この全米オープンでよくみかける。

だからこそ、確かな順位をつけることができるのである。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。