ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ザ・プレーヤーズ
期間:05/10〜05/13 場所:TPCソーグラス(フロリダ州)

決勝はパッティングVSフェアウェイキープ!?/ザ・プレーヤーズ

コース、大会名ともに生まれ変わった今年の「ザ・プレーヤーズ」。最終日の最終組はベテランのフィル・ミケルソン対若手のショーン・オヘアーとなる。2人の今週の足跡を辿ると、全く異なる戦い方で上位争いに食い込んできたことが分かる。

9アンダーで首位に立つオヘアーは、全選手トップとなるフェアウェイキープ率86.4%をキープ。正確なティショットを武器に、2005年の「ジョンディアクラシック」以来の優勝を狙う。

<< 下に続く >>

一方、ミケルソンは終始ドライバーが安定しない第3ラウンドをアプローチとパッティングでカバーした。フェアウェイキープ率は47.6%だが、ワンパットが半数を占めている。過去9度、「ザ・プレーヤーズ」の最終ラウンドをプレーしているが、一度も60台のスコアを出せていないのも気がかりだ。

リニューアルされたコースはバミューダ芝のファーストラフが設けられた。これにより命拾いしている選手は多々いる。従来の深いラフよりも簡単になったと各選手は話すが、フェアウェイをキープしているオヘアーが一歩有利?かもしれない。

オヘアー(24歳)が優勝すれば、大会史上3番目の若さでの快挙となる。最年少優勝記録は2004年大会のアダム・スコット(23歳8ヶ月)だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 ザ・プレーヤーズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!