ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)

失敗から学ぶマキロイ「偶然じゃない」予選落ち→優勝のサイクル

◇メジャー第6戦◇全英オープン 事前(13日)◇ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)◇7189yd(パー70)

前週の欧州ツアー「スコットランドオープン」に参戦した世界トップ15に名を連ねる6人のうち、ロリー・マキロイ(北アイルランド)はただ一人予選落ちを喫した。

<< 下に続く >>

全英前哨戦での不安が残る結果にも「予選落ちは避けたいことだけど、この予選落ちは必ずしも悪いことじゃない。土曜日に数ホール、日曜日に1ラウンドできたことで、ほかの選手よりも少し先にプレーできた気分だ。気楽に構えて、準備を詰め込みすぎないようにしているよ」。予定より早くメジャー会場で練習ラウンドを始められたことを前向きに捉えている。

ただの“強がり”ではないことを後押しするデータがある。2018年以降のPGAツアーで予選落ちが9試合あったマキロイだが、直後のトーナメントで優勝したケースが3回。19年10月以来の勝利となった5月「ウェルズファーゴ選手権」も「マスターズ」での予選落ちから再始動の一戦だった。

「偶然の統計だとは思わない。僕はキャリアの中で常に失敗から学ぶことを大事にしてきた。苦戦したり、うまくプレーできなかったとき、自分のゲームについて、より多くのことを学ぶのがゴルフだと思う。なぜ今週はうまくいかなかったのか、自分なりに考えて次の週に生かすようにしている」

振り返れば、最終日に単独首位から「80」をたたいて失意に暮れた11年「マスターズ」もそうだった。「同じ状況になったとき、同じ過ちを犯さないように」と苦い記憶から目を背けず、「全米オープン」でのメジャー初制覇につながった。

ロイヤルセントジョージズGCでの全英は11年以来。10年前は117位に沈んだが、「あのときベストなプレーができなかった分、記憶よりもずっと良いプレーができている」とうなずいた。(イングランド・サンドウィッチ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!