ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米オープン
期間:06/17〜06/20 場所:トーリーパインズGC(カリフォルニア州)

練習ラウンドはひとりで 浅地洋佑「自分のゴルフに徹したい」

2021/06/16 14:29


◇メジャー第5戦◇全米オープン 事前情報(15日)◇トーリーパインズGCサウスC(カリフォルニア州)◇7652yd(パー71)

「世界ジュニア」に出場するためにトーリーパインズを訪れたのは、今から12年前のこと。浅地洋佑にとって初めての「全米オープン」だが、「回ったことがあるコースでメジャー大会を戦えるのはすごくうれしい。(コースは)覚えていましたね」と、古い記憶も今週の助けとなりそうだ。

<< 下に続く >>

この日までに2.5ラウンドをこなしたが、「距離は長いけど、結構広く感じます」と浅地はいう。フェアウェイは硬いが、浅地の平均飛距離(276.11yd/今季)だと「平らなところにキャリーすることが多いので、フェアウェイの幅に打っていけば止まる」と、ティショットは比較的ストレスなく打つことができるという。

1ラウンドした先週土曜日と、9ホールずつの日曜、月曜の練習ラウンドはたった一人でプレーした。「みんなすごいパワーゲームなので、あまり人のゴルフを見ないで自分のゴルフに徹しようと。自分で決めたことを練習で試しながら、一人でやることに決めていた」と、自身のゴルフを突き詰めてきた。

「一番出たかった」という今大会。自身メジャー初出場となった2019年「全英オープン」は予選通過して67位。今回は「30位以内」を目標に設定している。「しっかり振れているし、距離感もあっている。あとは緊張したときにどうなるか」と、2日後に迫った開幕を見据えている。

すでに今年だけで日本勢が海外メジャーを男女それぞれ1回ずつ制した。「2つともテレビで見て、すごい刺激をもらったし、この波に乗らないといけないなと思う。笹生(優花)さん、畑岡(奈紗)さんも良いプレーをしていたし、そこまでとは言わないけど、4日間しっかり良いプレーをしたい」と意気込んだ。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!