ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 マスターズ
期間:04/08〜04/11 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

オーガスタはリンクスコースを目指す チェアマンが会見

◇メジャー第3戦◇マスターズ 事前(7日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7475yd(パー72)

第85回「マスターズ」開幕を翌日に控え、オーガスタナショナルGCのチェアマン、フレッド・リドリー氏が記者会見を行った。話題となったトピックスは以下の通り。

<< 下に続く >>

新型コロナウイルスのワクチンセンター

オーガスタナショナルGCは、200万ドルの寄付とともにクラブが保有する土地を貸与して、オーガスタ大学ヘルス・ワクチンセンターを開設。地域住民に2万回のワクチン接種を施した。

「地域のために素晴らしい仕事をしてくれたオーガスタ大学ヘルス(医療センター)が賞賛されるべきことです。他の地域を考えると、決して我々が特別なわけではありません。さまざまな機関や組織が同じような貢献をしており、スポーツ界はその好例だと思います。NFLはいくつかの都市でスタジアムをワクチンセンターとして使っていることを知っていますし、これは人々が力を合わせて取り組んだことの結果です」

飛距離問題

2021年2月にR&AとUSGAは飛距離問題に対する3つの提案を発表した。現在、オーガスタの全長は7475yd。「マスターズに限った話でなく、どの大会でも問題を解決するために全長8000ydでプレーするような日が来ないことを願っています」とリドリー氏。

「過去にはマスターズ専用ボールを使うだとか、いくつかの(ローカルルールを導入する)可能性があるというような話がありましたが、私個人の見解としては、そういったことはほぼ起こり得ないと考えています。また、私が理解する限り、これらの施策はハイハンディキャッパー(初心者)のプレーをより難しくするものではありません。ゲームの発展は重要なテーマです。我々はゴルフの統括組織を支援する立場にいますが、もし何らかの理由で何のアクションも取られない場合は、ジョーンズとマッケンジーの設計思想を守りながら、ゴルファーの挑戦を維持するオプションを見つけることになるでしょう」

入場するパトロンの数、マスターズチェアの伝統

今年は一定数のパトロンの入場を許可しているが、その数字や割合を明らかにすることをリドリーは避けた。「ご存知のように、ここではスイスチーズ・アプローチと呼んでいる、いくつかのレイヤー(層)を持った手続きを採用しています。マスク着用が必要ですし、ソーシャルディスタンスを保つことも期待しています」と、医療専門家などの助言に従い、無事にトーナメント運営ができる人数を入場させるということだ。「すべての入場者は今年、チケットもしくはバッジが割り当てられた人たちです。多くの地域の医療従事者たちにもチケットが割り当てられたことを我々は喜んでいます」

また、コース内にマスターズチェアを持ち込んで場所取りをするのが毎年恒例の観戦スタイルだが、今年は椅子の持ち込みが禁止されているという。「それはこの問題に対する我々の回答であり、有効であると信じています。ただし、この素晴らしい伝統は2022年には復活できることを期待しています」

ジョージア州の選挙改正法

3月25日にジョージア州で成立した選挙関連法の改正について、米国内では強い反発も広がっている。リドリーはこの問題についても、個人的に法案に賛成か反対かと明言することは避けたが、クラブの方針を次のように述べた。

「このクラブの全メンバーが、投票はこの社会における必要不可欠な権利であり、どんな人々にとっても投票に不利となるようなことは間違っており、対処されなければならない」

今年のコース状況

11月開催となった昨年はダスティン・ジョンソンが大会記録となる20アンダーをたたき出して優勝した。「20アンダーは彼の素晴らしいプレーと、同時にコースが軟らかかったことの結果」というが、今年は「硬く、速い」と自信を見せる。

「理想的な天候で、1月は寒く、2月には普段よりも少し雨が多かった。この4日間の天気も素晴らしいです。このように硬く、速い状態で開幕を迎えるのは、たぶんアダム・スコットが優勝した2013年以来のことだと思います。グリーンだけでなく、フェアウェイも硬く、速い。ボビー・ジョーンズはよくオーガスタナショナルを作るときに、内陸のリンクスコースを作りたかったと言っていました。もちろん、コースにはたくさんの木があるので見た目はリンクスコースと似ていませんが、地面がプレーに大きな影響を与えるという点において、リンクスコースの特徴を見ることができ、それが我々の目指すことです」

オーガスタ女子アマ

ツバサ・カジタニにおめでとうと言いたい。これから先の将来も、彼女たちのように有望な選手がたくさん出てくることを疑っていません」と前週に行われた「オーガスタ女子アマ」を振り返った。米女子メジャー「ANAインスピレーション」とのスケジュール競合が議論になるが、「マスターズ直前に実施するのが、我々、そして女子ゴルフにとって最適の機会」とオーガスタとして日程変更は考えていないという。

また、女子選手により多くのラウンド機会を与える可能性は?と問われると「コースに親しむためにより多くの機会を与えたい」としながらも、「マスターズでの1ラウンドは私の人生を変えた。なので、様々な困難を乗り越えて経験した彼女たちの1ラウンドが、いつも心に残るものであることを願いたい」と締めくくった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!