ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ザ・プレーヤーズ選手権
期間:03/11〜03/14 場所:TPCソーグラス(フロリダ州)

2年越しのディフェンディング王者 マキロイ「ヒデキに同情」

◇米国男子◇プレーヤーズ選手権 事前情報(9日)◇TPCソーグラス(フロリダ州)◇7189yd(パー72)

新型コロナウイルス感染拡大の影響でPGAツアーは昨年の「プレーヤーズ選手権」初日(3月12日)の日中に翌日からの無観客開催を決め、その夜に大会の中止とシーズン中断を決めた。前年王者として臨んだロリー・マキロイ(北アイルランド)は第1ラウンドを「72」で回り、首位発進した松山英樹とは9打差がついていた。

<< 下に続く >>

ラウンドのスコアは取り消され、全選手は今年再びゼロからのスタート。「ヒデキよりはちょっと気分がいいね。去年、誰かに同情するとすればヒデキだった。僕は終盤になんとかバーディを獲ってイーブンにする、ひどいオープニングラウンドだった」。黄金のトロフィに刻まれた歴代王者の名前を眺め、「僕の下には誰の名前もないから、まだ僕がディフェンディングチャンピオンみたいだね」と2年越しの連覇に向けて仕切り直す。

マキロイは今大会を「世界が、特にスポーツ界が激変して1周年」の試合と位置付けた。

昨年3月、コロナ禍で欧州男子ツアーや日本女子ツアー等のシーズンをはじめ、各スポーツ界が続々とシーズンの中断に追い込まれた中、米国の反応は遅かった。TPCソーグラスでも開幕前、毎年恒例の人気アーティストによる野外ライブが予定通り敢行され、老若男女が場内で大騒ぎしていた。

C.T.パン(台湾)はツアーの感染対策の未熟さを批判して大会を棄権した。他国とは明らかな温度差があり、PGAツアーの決定は選手に感染者が出たNBAの中断を受けたものだった。マキロイも「去年の週のはじめ、人々が(コース内で)拳やひじをぶつけ合っていたのを見て、何をやっているんだ、バカみたいだと思っていた。その5日後に世界はシャットダウンした」と違和感を持っていた。

6月に再開されたツアーは9月に新しいシーズンを迎え、選手関係者は毎週のPCR検査を実施し、来場者数も限定されている。

以前のような日常には戻っていないが、マキロイは「ここで不平は言えない」と話した。「大会には(以前よりも)早く来て検査を受けなくてはいけないし、(感染拡大防止のための)ルールもある。ファンがいないことで雰囲気は以前よりも良くない。でも相対的に考えれば、この大変な状況では大したことじゃない。この1年の生活が大変だったというのは誤っていると思う。世の中の多くの人に比べれば、ツアーにいる人々は本当に幸運だった」と、いまある状況に感謝した。(フロリダ州ポンテペドラビーチ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ザ・プレーヤーズ選手権




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!