ニュース

米国男子ビビント ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ビビント ヒューストンオープン
期間:11/05〜11/08 場所:メモリアルパークGC(テキサス州)

10年間で32勝 PGAツアー“最強”の大学は

◇米国男子◇ビビント ヒューストンオープン 3日目(7日)◇メモリアルパークGC(テキサス州)◇7432yd(パー70)

「Go Bulldogs!」

<< 下に続く >>

6バーディ、2ボギーの「66」で、首位と2打差の通算7アンダー4位。初優勝のチャンスにつけたセップ・ストラカ(オーストリア)は、フラッシュインタビューの最後に笑顔でメッセージを添えた。母校ジョージア大のスポーツチームは「ブルドッグス」の愛称で知られ、今はアメリカンフットボールのシーズン真っただ中。フロリダ大との試合が行われていた。

オーストリアから初めてPGAツアーメンバーに加わったストラカが逆転でタイトルをつかめば、ジョージア大出身選手としては14人目のツアー優勝者誕生となる。通算12勝のバッバ・ワトソンを筆頭にクリス・カークブレンドン・トッドケビン・キズナーらが名を連ねる。今田竜二もその1人だ。ラッセル・ヘンリーは3年前にこの大会を制した。

9月に始まった今季も早々に「コラレスプンタカナリゾート&クラブ選手権」でハドソン・スワッフォードが復活優勝を遂げ、直近10年で出身選手が積み上げた勝利数は32勝に到達。米ゴルフチャンネルによると、これは出身大学別(中退を含む)で最多を誇っている。

ちなみに2位は世界ランキング1位ダスティン・ジョンソンが1人で21勝を稼いだコースタルカロライナ大。フィル・ミケルソンジョン・ラーム(スペイン)のアリゾナ州立大が19勝で続き、ジョーダン・スピースらのテキサス大とアダム・スコット(オーストラリア)らのネバダ大ラスベガス校が17勝で並ぶ。

「まずフェアウェイに置いて、そこから攻めるだけ。きょうはバックナインで少しアクセルを踏み外したような感じだったから、あすは挽回できるように頑張るよ」

応援むなしく、この日母校はフロリダ大に敗れた。前週「バミューダ選手権」を制したブライアン・ゲイはフロリダ大出身。ジョージア大も負けていられない?

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ビビント ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!