ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は5カ月ぶり公式戦に出遅れ “事前準備”には納得

2020/08/07 11:46


◇メジャー第1戦◇全米プロゴルフ選手権 初日(6日)◇TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)◇7251yd(パー70)

石川遼は2バーディ、4ボギーの「72」で回り、2オーバーの90位タイと出遅れた。2015年の「全米オープン」以来となったメジャーは、スタートのアウトコースでスコアを落として耐える展開。後半にかけて「何度か練習している通りに打てるようになった」とショットに復調の兆しが見え、2日目の巻き返しへの光明を口にした。

<< 下に続く >>

「5年ぶりのメジャー」よりも「5カ月ぶりの公式戦」という実戦感覚の乏しさが、石川に重くのしかかった。スポット参戦した3月初旬の米ツアー「ザ・ホンダクラシック」を最後にコロナ禍で遠ざかっていた公式戦。「(出だし)1番から結構バタバタなショットだった。きのうまでの感じに戻すのに、いっぱいいっぱいだった」という。5番でボギー先行。10mを沈めた6番でバーディを獲り返した後、7番、8番と第1打を右に曲げてボギーにした。

ズルズルと行きそうな流れを食い止めたのが折り返しの9番。ティショットを今度は左に大きく曲げ、2打目をフェアウェイに置いた。花道から残り30ydのアプローチをピンそば1.5mに寄せてパーセーブ。「(全体的に)ラフがかなり深いので、グリーンの近くまでなんとか運んで、30から40ydの距離が残ることが多いかなと思って(練習を)重点的にやっていた」と、限られた時間内での準備が功を奏した。

「パーを9番で獲って後半に行けて、10番のバーディでホッとした」。3連続ボギーを回避してからは復調の兆しを見せた。キャディとして帯同中の田中剛コーチと構築中のスイング、マネジメント、「今まで一番と言えるくらいキレイなグリーン」という速いグリーン上でのプレーがかみ合い始め、パーが続いた。アウトで2ホールだったフェアウェイキープは、インで5ホールに増えた。

7月末に渡米し、自主隔離を経て臨んだ今大会。「出場しているメンバーのレベル、コースのセットアップで緊張感が高まる。そこにギャラリーが入るとさらに緊張は高まるが、(無観客でも)充分と言ってもいいくらいすごく緊張しました」と震えるものもある。「ショットを少しまた軌道に戻せればなと思う。後半のほうがよかったので、あした楽しみです」。午後スタートの2日目までの時間を有効に使いたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!