ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:07/16〜07/19 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

2020年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:07/16〜07/19 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

肉体に違和感も…ウッズ薄氷の予選通過

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 2日目(17日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7456yd(パー72)

過去17回の出場で通算5勝、予選落ちは一度もない。数ある好相性のコースのひとつで、タイガー・ウッズはその危機に瀕した。2月「ジェネシス招待」以来5カ月ぶりの復帰試合。「76」とスコアを落とし通算3オーバーは、ホールアウト後にカットラインが下がったことで、なんとか64位タイで決勝ラウンドにコマを進めた。

<< 下に続く >>

午前中のスタート時、ウッズは体に違和感を覚えていた。「思うように腰が回らず、スムーズに動かなかったんだ。ウォームアップのときから」。朝、目覚めたときには快調でも、時間ごとに状態が悪くなるのも「よくあること。ここ4、5年は手術を通じて回復につとめているが…」という。1アンダー18位タイから序盤12番(パー3)でバーディを先行させた後、苦しいラウンドが待っていた。

3パットを喫した続く13番から、ハーフターンまでに3ボギー。後半開始の1番でグリーン左手前、足場より高いラフからのアプローチで、グリーンの向こうにあるバンカーに入れた。4オン2パットのダブルボギー。6番までに6つスコアを落とした。

フェアウェイキープはわずか5ホールというショットの出来だった。片手でフィニッシュするシーンが次第に増え、「バーディ、バーディ、パーで終われたことだけがきょう前向きになれること」と力なく言った。ただ、その終盤7番(パー5)からの2連続バーディが週末への扉を開いた。

新型コロナウイルスによるシーズン中断後、最初の出場試合。「キャリアで経験してきたレイオフ(解雇/一時的な休養)は基本的には手術によるものだった。でも今回は強制的で今までとは違う。だが、これこそが僕らがいる新しい世界」。“試運転”を印象付けながらまずは小さなハードルをクリアした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!