ニュース

米国男子ロケットモーゲージ・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

終盤6ホールで3バーディ 松山英樹4カ月ぶりの週末へ

2020/07/04 08:56


◇米国男子◇ロケットモーゲージ・クラシック 2日目(3日)◇デトロイトGC(ミシガン州)◇7340yd(パー72)

松山英樹がハイレベルなカットラインとの争いを制した。1アンダーの87位タイから6バーディ、2ボギーの「68」で回り、通算5アンダー。2試合連続予選落ちのピンチから、残り6ホールでバーディを3つ決めて巻き返し、55位タイ。新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン中断前の3月「アーノルド・パーマー招待」以来となる決勝ラウンド進出を滑り込みで決めた。

<< 下に続く >>

カップに嫌われ続けて後半2番、3番といずれも3パットボギー。「(予選を)落ちるんだろうな…と」悪い予感は確かに脳裏をかすめた。続く4番、635ydと最長のパー5で「良いショットがティショット、セカンドと打てた」。5mのバーディパットも沈めてガマン。週末を迎える望みをつないで終盤を迎えた。

絶妙な一打は6番、3Wでの第1打を左ラフに曲げた後にあった。残り218yd、6Iで左サイドの木をかわした2打目は、花道を転がってグリーンの傾斜を伝い、最後は奥の段で戻してピンそば3mに。下りのパットを繊細に流し込んでバーディを奪った。7番(パー5)も2打目を木に当てながら残り70ydを1mにつけ、決勝進出を決める2連続バーディとした。

「良かったり、悪かったり…。ショットはきのうよりは良かったけど、まだ納得できるようなレベルではない。パッティングも何カ所か入ってくれたけど、狙って打って入ったような感じではなくて、打ったら入ったって感じ」

1Wショットが比較的安定し、ドライビングディスタンスは2日間平均322.6yd。フィールド6位につけるが、納得はできないという。「良くなりつつあるけど、本当に信頼していいものなのか、まだ疑問がある。そこが良くなれば自ずと結果は付いてくると思う」

首位のクリス・カークウェブ・シンプソンとは7打差で、ロースコアぞろいのリーダーボードは混戦模様だ。「(週末)2日間で15、16、17(アンダー)くらい行かないと勝てない。まずはあした、良いプレーができるよう頑張りたい」と目標を高く掲げた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ロケットモーゲージ・クラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!