ニュース

米国男子ジェネシス招待の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ジェネシス招待
期間:02/13〜02/16 場所:リビエラCC(カリフォルニア州)

イーグル発進のウッズ 24と8でコービーを偲ぶ

◇米国男子◇ジェネシス招待 初日(13日)◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322yd(パー71)

「皮肉なことだよね」とタイガー・ウッズ。大会初日、スタートホールの1番(パー5)で、「24」フィートのイーグルパットを沈めると、NBAレイカーズの背番号を模したピンフラッグが揺れる「8」番でもバーディを奪った。ともに先月のヘリコプター事故でなくなったNBAのレジェンド、コービー・ブライアント氏が現役時代につけていた背番号だ。

<< 下に続く >>

「そんなに(1番の)パットが長かったとは知らなかったけど、そういう2つの数字だったのは皮肉だね。とにかく、何をしても、しばらくはいつもコービーと彼が意味したことを思い出すだろう」と、“ウッズらしい方法”で故人を偲んだ。

だが、4アンダーで折り返した前半とは対照的に、後半は2ボギーの「38」とスコアを落とした。苦しんだのはティショット。前半の7分の6から一転、後半は7分の1へとフェアウェイキープ率は急降下した。

今週は大会ホスト役も務めている。「今週は少し忙しくて、あまり練習する時間がなかったんだ。初めて練習場に行ったのはきのう、それもプロアマのウォームアップの10分ほど。今朝の練習場で球を操る感覚が戻ってきて、それを18ホール続けようとしたけれど、9ホールしか続かなかった」と、失速の理由にも多少思い当たる節がある。

首位とは5打差。まだ、たっぷり54ホールが残されている。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ジェネシス招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!