ニュース

米国男子ザ・RSMクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ザ・RSMクラシック
期間:11/21〜11/24 シーアイランド・リゾート シーサイドコース(ジョージア州)

小平智はピンを攻めきれず後退「つまらない一日」

2019/11/24 11:03


◇米国男子◇ザ・RSMクラシック 3日目(23日)◇シーアイランドリゾート シーサイドコース(ジョージア州)◇7005yd(パー70)

シーサイドコースのみで行われる決勝ラウンドに59位で進出した小平智は、1バーディ、3ボギーの「72」とスコアを落とし、通算2アンダーの74位に後退した。強風が吹くコンディションでショットは安定しながらも、「ラインが読めない」というグリーンに引き続き苦戦。上位の背中は大きく遠のいた。

手ごたえを深めているショットのスタッツは、フェアウェイキープ率92.86%(13/14)、パーオン率は77.78%(14/18)をマーク。数字では高いレベルを示しながらも、実際のプレー内容とは隔たりがあるようだ。「ショットがそんなに付かなくて、流れも悪かった」と決定的なチャンスを作れず、バーディは2.5mを沈めた後半8番のみ。「つまらない一日だった」という短い言葉に不満を詰めこんだ。

アイアンに関しては「自分で決まらないまま打っているって感じ」と話し、イメージを固めきれないままスイングしていることを反省。「風だったり、距離感だったり、どういう球を打つのか決まらないまま打っている。ドライバーはすぐ決まるんですけど、アイアンは決まってないまま打ってるから、セカンドからパターまでの流れが悪い」と振り返った。

あすの最終日は米国ツアーの2019年ラストラウンドとなる。「いいスコアで上がって、気持ちよく今年の最後を締めくくりたい」と意気込んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ザ・RSMクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。