ニュース

米国女子キア・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 キア・クラシック
期間:03/28〜03/31 場所:アビアラGC(カリフォルニア州)

無傷の3アンダーにも「悔しい」 畑岡奈紗は18位発進に不満顔

2019/03/29 11:58


◇米国女子◇キア・クラシック 初日(28日)◇アビアラGC (カリフォルニア州)◇6558yd(パー72)

ノーボギーの3アンダー「69」で18位。それでも、畑岡奈紗はちょっぴり渋い表情をした。「あれだけショットが良かったのに、パットを決められなかったのが悔しい。入っていれば、8アンダーは行ってもおかしくないくらいだったのに」。初日の首位は7アンダー。そのスコアをも、上回れる手ごたえがあったという。

ショット復調のきっかけは、前夜に発見した。「良いときのスイングを見返していて、アドレスを見ていたら、しっくり来る部分があった」という。畑岡によると、力むと左腕が外旋する癖があるが、それを逆に内旋させるイメージで構えると、朝の練習場でも良い球がでたという。「そこだけ気をつけて、シンプルにできましたね」。

もどかしいのはグリーン上だ。「ネガティブじゃないけど、グリーン上に行くと“どんどんバーディを獲るぞ!”じゃなく、ストロークのことを考えたりしてしまう。それがリズムに乗れない原因じゃないかと思う」と頭では理解している。だが、実行が難しい。この日はラインに載っていながら、ショートしたパットもいくつかあった。

「こういうグリーン(ポアナ芝)だから、良いパットを打っても入らないときがある。でも、外しても納得できていれば次のホールには引きずらない。まずは(カップを)オーバーして打てるようにしたい」と畑岡は宣言した。チャンスを作り続ければ、きっと打開のときは来るはずだ。(カリフォルニア州カールスバッド/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 キア・クラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!