ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

HSBC女子チャンピオンズ2012
期間:02/23~02/26  場所: タナ・メラCC(シンガポール)

宮里藍、上田桃子、宮里美香のコメント/HSBC女子チャンピオンズ2日目

宮里藍 4バーディ2ボギー「70」 通算5アンダー/4位タイ
「今日は前半、後半で一つずつボギーを叩いたのが反省点。このコースはバーディを獲るのが難しいコースだけど、それでも2つ伸ばせたのは明日への手応えを感じました。今日はピンポジションが難しく、アイアンの選択も難しかったです。グリーンも順目と逆目があるので、ラインを読むのが難しかったです。今日は暑かったけど、それでも後半雲が出てきて、少しは楽になりました。難しい18番もパーで終えて、明日へ向けて良い位置にいると思います。明日はピンポジション次第で、だいぶスコアが違ってくる気がします。一緒に回った米国系韓国人ジェニーは19歳と若く、自分が年を取ったように感じますね。まるで彼女は赤ん坊のよう(笑)明日はパー5のホールでなんとか気をつけたいと思います」

宮里美香 6バーディ4ボギー「70」 通算2アンダー/14位タイ
「(6、7番で連続ボギー)ハーフターンしていないので、まだチャンスがあると思って冷静にプレーすることができました。ドライバーがとても安定していましたね。二打目のアイアンではコースマネージメントを間違えたケースが二度ありました。グリーンのアンジュレーションが難しく、その読みを間違った上でのミスも二度ほどあったけど、今日になって、かなり良いイメージがでてきたように思います」

上田桃子 1バーディ4ボギー「75」 通算1アンダー/20位タイ
「(1番、5番で3パット)前半はグリーンのスピードが合わずにパットが入らなかったです。朝の練習ではフィーリングは良かったけど、頑張ろうという意識が強くなったのか、力が入りすぎました。テイショットでフェアウェイを外す場面も多かったです。でも最終組で回って学ぶ点がやはり多かった。最終組でプレーするのと、その2、3組前でプレーするのでは全く違うし、やはり毎回最終組で回りたいという気持が強くなりました。毎週毎週、良いスコアで回ることが大切だと実感しました」


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには林菜乃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~