ニュース

米国女子サムソンワールド選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 サムソンワールド選手権
期間:10/13〜10/16 ビッグホーンGC(カリフォルニア州)

ミッシェル・ウィの“失格騒動”にタイガー、ビジェイの反応は?

ルールはルール。ミッシェル・ウィもプロとして大人な対応を記者会見でも見せていた。しかし中には、同伴競技者でもなく、またルール・オフィシャルやツアー運営側以外の人間からの違反通告というものはフェアではないのでは?という声が出ている。今週開催のPGAツアー「フナイクラシック」の会場でPGA選手たちに聞いてみた。

タイガー・ウッズ
「前々から部外者の通達という案は好きじゃないんだ。ポール・エイジンガーがドラールで外部の指摘から痛い目を見たことがあったよね。あの時は見ていて辛かったよ。でもゴルフはそういうスポーツなんだからしょうがないね」

ビジェイ・シン
「我々はそういった部外者からの指摘で痛い目を見て学ぶことが多いんだ。ただ、翌日とか2日遅れで通告されるのはフェアじゃないよ。でもルールはルールだからね」

どの選手も、今回のルーリングによる失格に異論を唱える選手はいなかったが、誰もが失格が決まったタイミングについてはフェアでないと感じていた様子。

ビジェイ・シン
「たとえ最終日でも、彼女がアテストする前に呼び出して、失格を告げるべきだったね」

タイガー・ウッズ
「今回のルーリングは一日遅すぎたね。一日のラウンドが終わったら、そこですべて終わりであるべきだ」

また選手からはタイミングだけでなく、ギャラリーやマスコミなど大勢の目がある選手と、あまり見張られていない選手の間に差があるという声もある。

タイガー・ウッズ
「僕は別にフェアでないとは思わないよ。見ていないからといって違反していいというわけではないし、やはり注目してもらうことはありがたいことだしね。ミッシェルも注目を浴びる存在になれたことを光栄に思っているはずさ」

スチュアート・シンク
「他のスポーツはすべてのプレーを審判が見ていてその場で判定してくれる。ゴルフはルールが審判を下すからね。そういう意味では誰でもルールをかざしてプレーヤーの違反を指摘できるんだ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 サムソンワールド選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。