ニュース

米国女子HSBC女子チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 HSBC女子チャンピオンズ
期間:04/29〜05/02 場所:セントーサGC(シンガポール)

畑岡奈紗はメジャーも視野に「徐々に上げていきたい」

◇米国女子◇HSBC女子チャンピオンズ 事前情報(28日)◇セントーサGC(シンガポール)◇6718yd(パー72)

2年前に初出場したとき、コースは乾いて硬かったが今週は違う。畑岡奈紗は8番(498yd/パー5)を例に出し、「2年前はハイブリッド、ハイブリッドでグリーンにのっていたけど、今年はランが出ないので1W、3Wでやっとのるか、のらないか」とその違いを説明した。

<< 下に続く >>

それでも、距離は長くなるがグリーンは止まりやすい。「2年前はグリーンが硬すぎて難しかったけど、今年は7Iでも10yd転がるかどうか。普段に近い攻め方ができるのは今年の方かな」とピンを狙う番手は上がっても、一方で攻めやすさも感じている。

畑岡は今季5試合に出場して52位が最上位と、まだ本来の力は発揮できていない。シーズンオフから取り組んでいるスイングの微調整が、なかなか試合で安定感を持って再現することができないのだ。

「ここ何年かでトップのポジションがオーバーになることが多かったので、そこを改善したいと思ってやってきた。だけど、もう2年とかそういう癖がついちゃっているので、トップを少し回し過ぎないように意識するのは難しい。それによって切り返しのタイミングも変わってくるので、そこがちょっと難しいところです」と今の課題を説明した。

練習場での感覚は良くても、試合でそれを出せないのが現状だ。もどかしいが、6月には2つのメジャー大会が迫っていて、8月には自国開催のオリンピックも待っている。「こういうスイングをしたら、こういうボールが出るっていうのが100%の状態ではない。次のメジャーに向けて徐々に上げていかないといけないかなと思います」と気合いを見せた。

2週間前の「ロッテ選手権」に出場後、ロサンゼルスで一週間を過ごしてから、シンガポールに乗り込んできた。ここからアジアシリーズ2連戦。予選落ちのない2週間で、浮上のきっかけをつかみたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 HSBC女子チャンピオンズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!