ニュース

国内シニア日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップの最新ゴルフニュースをお届け

ノーベル賞の波に乗る!?首位発進の52歳は本庶教授と接点

2018/10/05 08:15


◇国内シニアメジャー◇日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 初日(4日)◇サミットGC(茨城)◇7018yd(パー72)

今季のシニアメジャー第2戦で、首位発進を決めたのは廣田恭司。昨年からシニアツアーに参戦する52歳だ。1999年にプロ転向したが、これまで目立った成績は残していない。記者会見では当然、その「人となり」を知ろうとする質問が出て、今をときめく人物との意外な接点が浮かび上がった。

廣田は京都市の名門・京都ゴルフ倶楽部 で、メンバーを対象に週3日ほどレッスンなどをして生活の糧のひとつにしているという。その名門ゴルフ場で理事を務めているのが、今年のノーベル医学生理学賞の受賞が決まった本庶佑・京都大特別教授(76)だ。

廣田は「先生と少しだけ面識があり、話したことはある。直接レッスンはしていないが、先生の友人やゴルフ仲間に教えている」と明かした。

本庶氏は1日の受賞決定会見で、今後やりたいことを問われ「僕が一番したいことはエージシュートです。ゴルフで『76』を出すのが最大の目標」ときっぱり。そのための努力として「筋トレと毎週欠かさずゴルフをやること、家でパターの練習をすること」を挙げた。

「ゴルフ場のメンバーがある日、突然やって来た。顔は知っていたけど、あまり知らない人だった。『あんたの薬のおかげで、自分は肺がんでこれが最後のラウンドやと思っていたのが、良くなった。またゴルフできるんや』と。そういう話をされると、これ以上の幸せはない」とも語った。

廣田は、優勝した昨年の地方大会以来の2度目という首位発進に「今回(本庶氏の)ノーベル賞の受賞が決まったので、何か流れが来ているのかなと。 きょうラウンドの途中でそんな気がしていました」と笑いを誘った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。