ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

川奈の風を技で攻略 吉本ひかるは5位発進

2019/04/26 19:26


◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 初日(26日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6376yd(パー71)

初優勝を目指す20歳の吉本ひかるが好発進した。3バーディ、1ボギーの「69」でプレー。川奈特有の風にハーフショットで対応し、2アンダー5位で終えた。出だし1番で残り125ydの2打目を8Iで抑えて打つと、「イメージ通りだった」とピン横2mにつけバーディを先行した。7番をボギーとしたが、13番でも8Iで横2mにつけてバーディ、難関17番(パー3)でも7mをねじ込んでバーディを奪った。

前週の「KKT杯バンテリンレディス」を自己最高の2位で終えたが、「順位は良かったけどショットひとつひとつはあまり良くなかった」。距離感と方向性を合わせて打つハーフショットの練習に取り組み、「その成果をコースでも発揮できた」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

季節外れの12.3度という低い気温に加え、降ったり止んだりの雨というコンディションの中でも、「難しかったですけど、しっかり思うようなプレーができた」と及第点をつけた。癖が強いとされる高麗グリーンについても「タイで合宿していたので、苦手ですけどそれなりに対応できている」とオフシーズンの取り組みも功を奏した。

シーズン前の目標はシード権(賞金ランク50位以内)獲得だったが、シーズンインして4度のトップ10フィニッシュを決め、目標は「優勝」に変わった。2日目に向け「一打一打集中して、予選通過できるように頑張りたい」と謙虚に語るが、瞳の奥には確かな野心がうかがえた。(静岡県伊東市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。