ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

優勝賞金よりうれしい? 川岸史果が求める3年シードの価値

2017/09/08 18:58


◇国内女子メジャー◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目(8日)◇安比高原GC(岩手県)◇6,640yd(パー71)

上位がスコアを落とす混戦の展開で、ツアー未勝利でルーキーの川岸史果が6バーディ、1ボギー2ダブルボギーの「71」でプレー。首位と3打差の通算1アンダー、4位タイで決勝ラウンドに進出した。

一進一退を続けて迎えた終盤の16番で、残り123ydの第2打をPWで5mにつけてバーディを奪取。続く17番(パー3)でも再び5mを沈めて2連続としたが、メジャーの罠は18番(パー5)に潜んでいた。

「ライはそんなに難しくなかった」というピンまで残り118ydの第3打を引っかけ、風にも乗ってグリーン奥へとオーバー。4打目のアプローチもグリーンを捕らえられず、5オン2パットでこの日2つ目のダブルボギーを喫した。「最後も(バーディと)欲張りすぎた」と肩を落とした。

バーディにはフェアウェイキープが必須と、多くの選手が口をそろえるが、飛距離が武器の川岸はちょっと違う。「フェアウェイが狭いので、思い切り振っていってキャリーで稼ぐ。そこから短いクラブでチャンスメークする。ラフに入れてもどうにか対応できる」という戦略だ。

それでもフェアウェイキープ率は初日の42.8%に対し、2日目は57.1%に上昇。残り36ホールに向けて、「まだ半分しか終わっていない。2日間で3つも叩いたダブルボギーをなくしたい。悪くてもボギーでおさめられれば」と話した。

海外志向の強い22歳は、米国ツアーの来季出場権をかけて二次予選会(10月16日~)にエントリーした。今週は国内女子ツアー史上最高となる賞金総額2億円(優勝賞金3600万円)の大一番。「もちろん賞金もうれしいですけど、優勝すれば3年シードがもらえる。米ツアー挑戦に集中しやすい」。賞金以上の価値が、ツアー初優勝に向かう背中を後押ししている。(岩手県八幡平市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。