ニュース

国内女子ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

鈴木愛は難コースを警戒「ロングパットが多くなる」

2017/08/31 17:38


◇国内女子◇ゴルフ5レディス 事前情報(31日)◇ゴルフ5カントリーオークビレッヂ(千葉県)◇6373yd(パー72)

次週は、ディフェンディングチャンピオンとして迎えるメジャー大会が控えている。現在、賞金ランキング2位の鈴木愛は「パッティングの調子はいい。ショットもそんなに悪くない。唯一良くないと言えば、1Wがシャットに上がり過ぎている点。そこをアジャストしたい」と、手応えを口にした。

<< 下に続く >>

ここオークビレッジでは、1994年から97年まで「東ハトレディス」が開催されたが、当時はその4回を通じて、3日間をアンダーパーで回った選手はわずかに4人しかいなかった。

あれから20年。鈴木は「どれくらいスコアが出るか想像できないけど…」と前置きしながらも、「きょうのような天気だとアンダーパーは少ないと思うけど、きのうのように晴れていればスコアは出るので、臨機応変にやっていきたい。グリーンが止まるので、しっかりアンダーパーで回りたい」と、意気込んだ。

2日前までは30度を超す夏の暑さ。「思ったよりもフェアウェイが広いし、グリーンも止まって、言われているほどは難しい印象はなかった」と言うが、開幕前日は、小笠原諸島付近に停滞する台風15号の影響で冷たい雨と強い風に見舞われた。「風が強くて、違うコースのような印象」と鈴木。初日も気温は20度ほどまでしか上がらず、雨と風の予報が出ている。

「ロングパットの回数が多くなると思う。グリーンもかなり重たいので、打ったと思ってもなかなか届かない。きょうはパチンと打ち過ぎることも何回かあった。そこに気を付けたい」と、得意のパットを攻略のポイントに挙げた。(千葉県市原市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!