ニュース

国内女子樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

3度のチップインは初Vを手繰り寄せるか 堀琴音の心構えと本音

2016/10/28 18:49


◇国内女子◇樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 初日(28日)◇武蔵丘GC(埼玉)◇6580yd(パー72)

堀琴音が3アンダー首位タイで滑り出した。6バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「69」で回った。3度のチップインバーディを決めるなど運も味方した。直近4試合で2度のトップ3など、初優勝を目前にしながら逃している。「あまり意識しすぎないで回ることが必要」と、静かに歓喜のときを待っている。

<< 下に続く >>

「こんなの初めて、ですよ」と興奮気味に目を細めたのは、グリーンの外から沈めた3発。「7番は狙ったけど、あとの2つは寄ればいい程度に思っていた」。7番で10yd、14番で30yd、16番で15ydをすべて58度のウェッジでねじ込んだ。「最近、アプローチの練習をしていたので」と、3番でダブルボギーを先行した嫌な流れを完全に断ち切った。

「日本女子オープン選手権」では、最終日に一時単独首位に立ったが2位。「富士通レディース」では3位。苦い経験を繰り返し「1つのミスを引きずりすぎていた。それで、全体的に崩れることになった。コースに入ったら(優勝を)あんまり考えないようにしなきゃ」と分析している。

上位に食い込んでいる自信はある。悲願まであと一歩という自覚もある。「去年より、全部、良くなっています」と胸を張る。だからこそ、無心で取り組もうと心がけるが「やっぱり初優勝はすごくしたい。(優勝争いをして)最終日の18番のグリーンでどう思っているかは、そこにいかないと、分からないですよね」。本音もポツリとこぼした。(埼玉県飯能市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!